0120-350-149
  • 講座申込み
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 三幸保育カレッジ 保育士受験対策通信講座
  • 0120-350-149
  • 講座申込み
  • 資料請求

MENU CLOSE

保育士不足が原因の一つ、待機児童問題 | 保育士まるわかり通信 | 保育士試験の受験対策講座なら三幸保育カレッジ

保育士まるわかり通信

保育士不足が原因の一つ、待機児童問題

2018/02/28

「保育園落ちた日本死ね!」、ネットの書き込みが日本中を席巻した待機児童問題。これは、女性が社会でもっともっと活躍するためには、見逃せない課題でもあります。でも、少子化が進んでいるのに、なぜ?と思っている方もいるのでは。そこで今回は、「待機児童問題」の現状と対策について、クローズアップしてみました。

pixta_23466547_XL

 

待機児童問題の現状

「待機児童問題」とは、0~3歳児や、途中から入園を希望する場合、なかなか保育園に入れないという主に都市部に起きている問題です。待機児童は、2010年から4年連続で減少していましたが、2015年以降は増加し続けています。その理由は、保育利用者が増えたにも関わらず、保育士が不足しているという現状が大きな原因の一つと言われています。現在、約60万人いると言われている“潜在保育士(保育士資格を持っているのに、保育の仕事に就いていない人)”たちを復職させるための取り組みも積極的に行なわれるなど、国は待機児童0をめざし、さまざまなプランを打ち出しています。

 

解決策として、『待機児童解消加速プラン』登場!

「待機児童問題」が深刻化する中、国が打ち出した解決策が、「待機児童解消加速プラン」です。どんなプランなのか、その内容を簡単にご紹介します。

■保育所の整備

子どもたちの受け皿となる保育所を確保するために、都市部では国有地を活用するといった援助や費用補助を実施。加えて、幼稚園に保育園の機能を合わせ持つ認定こども園の設立や、認可外保育園を認可保育園に移行する支援、さらには、「子ども・子育て支援新制度」により、新たに認可事業となった小規模保育施設を充実させるなど、受け皿を増やす取り組みを積極的に行なっています。

■保育士の確保

潜在保育士が復職しやすいよう、就職準備金の支給や保育士が自分の子どもを預ける場合の利用料支援を行なうなど、働きやすい環境を整えるよう、待遇の改善を行なっています。また、保育士として就業している人に対しては、継続しやすいよう支援を行なうなど、人材確保に向けた取り組みが積極的に行なわれています。

 

 

働くママたちにとっても、初めて集団生活を経験する子どもたちにとっても、保育園はなくてはならない場所。そして、保育士さんは、必要不可欠な存在です。保育士の資格を持っているという方はもちろん、子どもと関わる仕事がしたいという方、この機会に保育士資格の取得をチャレンジしてみては、いかがでしょうか?

 

☆*~*☆*☆*~*☆*~*☆*☆~*☆*~*☆*☆*~*☆

このページでは、「保育士不足が原因の一つ、待機児童問題」について説明しています。保育士の受験対策なら、三幸保育カレッジ。保育士10,000人輩出のグループ実績で、あなたの資格取得をサポートします。

https://www.sanko-hoiku.com/

 

気になる講座の資料を無料でお届けいたします。