0120-350-149
  • 講座申込み
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 三幸保育カレッジ 保育士受験対策通信講座
  • 0120-350-149
  • 講座申込み
  • 資料請求

MENU CLOSE

病院内での保育士の仕事 | 保育士まるわかり通信 | 保育士試験の受験対策講座なら三幸保育カレッジ

保育士まるわかり通信

病院内での保育士の仕事

2017/11/17

保育士というと、保育園で活躍する先生というイメージが強いと思いますが、病院内で子どもを預かる保育士さんもいることをご存知ですか?今回は、病院での保育士さんの仕事にスポットを当ててみました。

 

11038000332

どんな所で活躍しているの?

病院内での保育士さんの仕事は、大きく分けて3つあります。それが、院内保育、病児保育、そして病棟保育。それぞれ仕事の内容や働く場所が異なるので、簡単にご説明しましょう。

 

■院内保育

病院内に設置された託児施設で、医師や看護師など病院で働く職員の子どもたちを預かるのが、院内保育です。保護者が院内にいるため、何かと連絡が取りやすく、預かる子どもたちも比較的乳児が多いのが特長です。

 

■病児保育

急な発熱などで、普段通っている園に行けない子どもたちを一時的に預かるのが病児保育。保育所内や医療機関内に設置されているケースが多く、病気中の子どもを預かる“病児対応型”と回復傾向(治ってきている)の子どもを預かる“病後児対応型”があります。

 

■病棟保育

入院している子どもたちの保育を行なう病棟保育。子ども達の体調の変化をみたり、水分や食事が摂れているか等、看護的な配慮が必要になりますが、治療中の子どもたちに遊びやコミュニケーションの機会を提供し、心身のケアを行なう事が主な仕事です。

 

病院での保育のお仕事は、通常の保育所とは異なり、一人ひとりの子どもとじっくり向き合う保育が実践できます。

病気の子どもに寄り添って元気付けたい、病気の子どもを預けて仕事に行かなくてはならないママ達が少しでも安心できる様な存在になりたい、という方にぜひおススメしたい保育のお仕事です。

 

☆*~*☆*☆*~*☆*~*☆*☆~*☆*~*☆*☆*~*☆

このページでは、「病院内の保育」について説明しています。保育士受験対策なら、三幸保育カレッジ。保育士10,000人輩出のグループ実績で、あなたの資格取得をサポートします。

https://www.sanko-hoiku.com/

 

  • 講座申し込み
  • 資料請求
  • 資料請求
  • 講座申し込み