0120-350-149
  • 資料請求
  • 無料説明会
  • 講座申込み
  • 資料請求
  • 無料説明会
  • 0120-350-149
  • 講座申込み

MENU CLOSE

保育士に向いている人って、どんな人? | 保育士試験の受験対策通信講座なら三幸保育カレッジ

保育士に向いている人って、どんな人?

2017.7.28現在

子どもたちにとって、家族以外で接する初めての大人であり、初めての先生となる「保育士」さん。乳幼児期の子ども達の体と心の発達をサポートする重要な存在となる「保育士」さんに向いている人って、どんな人なのでしょう?

  AY4X0410  

こんなヒトは、保育士さんに向いています!

 

■子どもと関わるのが好き

“子どもが好き”は大前提ですが、可愛らしいその姿をただ見ているのが好きというのではなく、“関わるのが好き”な人です。一緒に楽しく遊ぶだけではなく、危険なことやいけないことはしっかり教えられる人。子ども達の成長する姿を身近で見られることに幸せを感じられる人は、保育士が天職と言えるでしょう。

■体力に自信がある

保育士さんは毎日、元気な子どもたちと一緒に走り回ったり、時にはおんぶしたり抱っこしながら、何人もの子どもたちのお世話をします。そのため、体力自慢は大きな強みになります。また、体調不良などで仕事を休むと、子ども達に寂しい思いをさせてしまいますので、しっかり自己管理できることも、保育士さんには欠かせない条件です。

■子どもの心に寄り添える

大人からすれば小さなことでも、初めて体験する子どもたちにとっては大きな感動だったり、驚きだったりします。子どもたちと同じ気持ちで感動したり、驚いたり、ちょっと大げさなリアクションをとるなど、子どもの気持ちに寄り添って行動できる人は子ども達から慕われる存在です。

■人と接するのが好き

保護者の方と上手にコミュニケーションを取ることも保育士さんの大事な仕事。一緒に働く先生たちとのコミュニケーションも情報共有のために大切です。人と接することが好きな人、接客スキルやコミュニケーションスキルの高い人は、保育士に向いています。

■いつでもポジティブシンキング

どんな仕事でもそうですが、現場でのアクシデントはつきものです。思いもよらない出来事が起こりやすい保育現場では、アクシデントが起きた時、落ち着いて臨機応変に対応できる力を持っているのはもちろんのこと、物事をポジティブに捉え行動できる人は、保育士さんとして活躍できるでしょう。

 

いかがでしたか?「私、あてはまる!」と思った方は、今からでも決して遅くはありません。ぜひ保育の世界の扉を叩いてみてください。子どもたちの笑顔が待っていますよ!

  • 講座申し込み
  • 資料請求
  • 資料請求
  • 講座申し込み