0120-350-149
  • 資料請求
  • 無料説明会
  • 講座申込み
  • 資料請求
  • 無料説明会
  • 0120-350-149
  • 講座申込み

MENU CLOSE

平成29年 社会的養護(前期) | 保育試験 過去問題 | 保育士試験の受験対策通信講座なら三幸保育カレッジ

平成29年度 保育試験 過去問題

「社会的養護(前期)」

平成29年度 保育士試験問題(前期)

1

次の文は、社会的養護の歴史に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A イギリスでは、1870年にバーナードホームが設立され、小舎制による養護を実施した。
  • B 日本では、1899年に留岡幸助が家庭学校を設立し、非行少年の教護を実施した。
  • C イギリスでは、1948年に制定された「児童法」で、保護が必要な児童への行政の責任を明確化し、できるだけ児童を家庭から分離せず、必要がある場合は里親委託が望ましいとする考え方を示した。
  • D 日本では、1950年代以降ホスピタリズム論争が起こり、家庭的処遇の必要性が提唱され、それに対して集団養護をめざす考え方も論じられた。
1
2×
3×
4×
5×

正解 1
A ○ 適切です。
B ○ 適切です。
C ○ 適切です。
D ○ 適切です。

それぞれ、何を問われているのか文中のキーワードを拾い、確認していきましょう。年号まで暗記できていれば完璧です。

2

次の文は、「児童養護施設運営指針」の「養育のあり方の基本」の一部である。( A )~( E )にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

社会的養護は、従来の「( A )」の機能から、( B )機能の支援・補完・再生を重層的に果たすさらなる( C )に向けた転換が求められている。( D )の関係調整、回復支援の過程は、施設と( E )とが協働することによって果たされる。

【語群】

1ア ウ カ ク ケ
2ア エ オ キ コ
3イ ア カ ク コ
4イ ウ カ キ コ
5エ ア オ キ ケ

正解 4
社会的養護は、従来の「( A イ 家庭代替 )」の機能から、( B ウ 家族 )機能の支援・補完・再生を 重層的に果たすさらなる( C カ 家庭支援(ファミリーソーシャルワーク))に向けた転換が求められている。( D キ 親子間 )の関係調整、 回復支援の過程は、施設と( E コ 親 )とが協働することによって果たされる。

文の前後から読み取る事ができます。Bがウの家族、Dがキの親子間、だと判断できれば消去法で解ける問題です。

3

次の文は、児童養護施設等における自立支援計画についての記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 自立支援計画の策定にあたっては、児童相談所の援助方針を踏まえながら、担当職員、家庭支援専門相談員、心理担当職員、基幹的職員、施設長等がいろいろな角度からその子どもの支援内容・方法を総合的に判断する必要がある。
  • B 自立支援計画は、施設内での支援にあたっての計画と、家庭環境調整に関する支援にあたっての計画と、別々の計画を用意する必要があり、前者は基幹的職員が、後者は家庭支援専門相談員が立案する。
  • C 施設内での支援にあたっての計画は、事前に子どもと話し合って努力目標を設定するなど、その子の実情に合ったものであり、子ども自身が納得できるものであることが大切である。
  • D 家庭環境調整に関する支援にあたっての計画は、支援を行っていく機関や担当者を具体的に記す必要がある。
ABCD
1
2××
3×
4××
5××××

正解 3
A ○ 適切です。
B × 不適切です。
C ○ 適切です。
D ○ 適切です。

「児童養護施設運営指針」において自立支援計画とは、「子どもの担当職員をはじめ、心理療法担当職員、家庭支援専門相談員などが参加するケース会議で合議して行う。」とあり、「策定された自立支援計画を、全職員で共有し、養育・支援は統一かつ統合されたものとする。」とあります。子ども一人一人について、入所から家族及び関係機関とのやりとり等を含めたアフターケアまでを各担当職員が「別々の計画」ではなく、合議して策定することになっています。

4

次の【Ⅰ群】の各施設種別の運営指針の内容と【Ⅱ群】の施設種別名を結びつけた場合の最も適切な組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】

  • A 将来的には、本体施設のすべてを小規模グループケアにしていくとともに、本体施設の定員を少なくし、地域のグループホームに移していく方向が示された。
  • B 養育の基本は、子どもが養育者とともに、時と場所を共有し、共感し、応答性のある環境のなかで、生理的・心理的・社会的に要求が充足されることである。
  • C 施設は、高校進学などで子どもが不利益を被らないよう、施設内学校はもとより、出身学校(原籍校)や関係機関と連携しながら、対応する。

【Ⅱ群】

  • ア 児童養護施設
  • イ 母子生活支援施設
  • ウ 乳児院
  • エ 児童自立支援施設
ABC
1ア イ ウ
2ア ウ エ
3イ ウ エ
4エ ア イ
5エ ア ウ

正解 2
A ― ア 児童養護施設
B ― ウ 乳児院
C ― エ 児童自立支援施設

Aの「小規模グループケア、地域グループホームへの移行」という点において「児童養護施設」と判断できます。児童自立支援施設の約8割が中学3年生という特徴を把握できていればCの「高校進学」や「施設内学校」という事から「児童自立支援施設」と判断できます。各施設の特徴を資料集で確認しておきましょう。

5

次の文は、自立援助ホームに関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 自立援助ホームは、「児童自立生活援助事業」として第1種社会福祉事業に位置付けられる。
  • B 自立援助ホームへの入所は児童相談所の措置により実施されるため、本児の費用負担はない。
  • C 自立を支援する第一は「枠のある生活」とも言うべき施設の規則を遵守させ、次に心の安心感と生活の安定につながる環境の保障を位置づけている。
  • D 自立援助ホームのスタッフは、利用者と一緒に仕事を探し、採用されるように履歴書の書き方、面接の練習などの支援も行い、採用後は就労を継続できるように支援することが重要である。
1×
2×
3×××
4×
5×××

正解 5
A × 不適切です。自立援助ホームは「児童自立生活援助事業」として第2種社会福祉事業に位置付けられています。資料集確認しましょう。
B × 不適切です。自立援助ホームは児童自立生活支援事業が運営しています。入所は児童相談所の措置ではなく、利用者申し込みによります。テキスト「試験によくでる語句集」の「児童自立生活支援事業」を確認しましょう。費用負担については、負担能力に応じて決定されますので、全員が負担がないということはありません。
C × 不適切です。問題文は「児童自立支援施設」に関する記述です。自立援助ホームにおいて心の安心感と生活の安定につながる環境の保障はとても大切ですが、施設の規則を遵守させることを第一とすることは不適切です。
D ○ 適切です。厚生労働省の「自立援助ホームの概要」によると「自立援助ホーム(児童自立生活援助事業)は、義務教育を終了した20歳未満の児童であって、児童養護施設等を退所したもの又はその他の都道府県知事が必要と認めたものに対し、これらの者が共同生活を営む住居(自立援助ホーム)において、相談その他の日常生活上の援助、生活指導、就業の支援等を行う事業です。」とあります。

6

次の文は、児童福祉施設における職員に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 「児童生活支援員」は、障害児入所施設に配置され、障害児の日常生活を支援する職員である。
  • B 「児童自立支援専門員」は、児童養護施設に配置され、児童の自立を支援する職員である。
  • C 「少年を指導する職員(少年指導員)」は、児童自立支援施設に配置され、非行少年等の更生を担当する職員である。
  • D 「児童の遊びを指導する者」は、児童厚生施設に配置され、子どもの健全育成を目的として、遊びを通して子どもの心身の健康や情緒の安定を図る役割を担う職員である。
ABCD
1×
2×
3××
4×××
5×××

正解 5
A × 不適切です。「児童生活支援員」は児童自立支援施設に配置されています。
B × 不適切です。「児童自立支援専門員」は児童自立支援施設に配置されています。
C × 不適切です。「少年を指導する職員」は母子生活支援施設に配置されています。
D ○ 適切です。「児童の遊びを指導する者」は児童厚生施設(児童館など)に配置されています。(テキスト児童家庭福祉参照)

人員配置に関しては資料集で確認しましょう。

7

次のうち、「児童養護施設入所児童等調査結果(平成25 年2月1日現在)」(厚生労働省)の各施設における児童の現在の年齢の平均年齢として正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 乳児院      ―  約3歳
  • B ファミリーホーム ―  約5歳
  • C 児童養護施設   ― 約11歳
  • D 自立援助ホーム  ― 約22歳
ABCD
1
2××
3××
4×××
5×××

正解 4
A × 不適切です。乳児院の平均年齢は1.2歳です。 
B × 不適切です。ファミリーホームの平均年齢は約11.2歳です。   
C ○ 適切です。児童養護施設の平均年齢は約11.2歳です。 
D × 不適切です。自立援助ホームの平均年齢は約17.5歳です。 

「児童養護施設入所児童等調査結果」は必ず目を通しておきましょう。それぞれの施設の特徴を確認しておきましょう。

8

次の文は、「児童養護施設入所児童等調査結果(平成25年2月1日現在)」(厚生労働省)に基づく、ある施設の児童の状況である。この内容に該当する施設種別として正しいものを一つ選びなさい。

  • ・ 「入所時の年齢」で最も多いのは「0歳」である。
  • ・ 「心身の状況」で「障害あり」が約18%である。
  • ・ 「児童の就学状況」は、「就学前」が約44%である。
  • ・ 「被虐待経験あり」のうち、「心理的虐待」が約80%である。
  • ・ 「在所期間」は、「5年未満」が約85%である。
1乳児院
2情緒障害児短期治療施設
3ファミリーホーム
4母子生活支援施設
5児童自立支援施設

改定により問題不成立(正解は4)
児童福祉法の改定により、平成29年4月1日から”情緒障害児短期治療施設”は”児童心理治療施設”に名称が変更となりました。

「入所時の年齢」で最も多いのは「0歳」ということで乳児院が思い浮かびますが、「児童の就学状況」で「就学前」が44%という選択肢で、不適切である、と判断できます。同様に「入所時の年齢」が「0歳」という点において、情緒障害児短期治療施設(児童心理治療施設)とファミリーホームと児童自立支援施設は不適切だといえます。

消去法から「母子生活支援施設」だと判断できます。この問題も「児童養護施設入所児童等調査結果」を確認しておけば解ける問題です。

9

次の文は、児童養護施設に求められる関係機関等との連携及び地域交流に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 児童相談所や関係機関等との連携を適切に行い、定期的な連携の機会を確保し、具体的な取り組みや事例検討を行う。
  • B 子どもたちが通う学校等のPTA活動や行事等に積極的に参加するとともに、必要に応じて施設の支援方針と教育機関の指導方針を互いに確認しあう機会を設ける。
  • C 子どもの安全確保及び衛生管理のため、地域住民が施設設備を利用したり施設行事へ参加することは一切禁止されている。
  • D 地域へ向けて、施設の理念や基本方針等を説明した印刷物や広報誌等を配布し、地域の人々の理解を得る取り組みを行う。
CD
1×
2×××
3××
4××
5×××

正解 1
A ○ 適切です。
B ○ 適切です。
C × 不適切です。社会的養護の考え方として、地域社会の中で暮らすには、地域住民や事業者等の連携が必須です。児童養護施設においては、地域住民が施設設備を利用したり、施設行事へ参加するなど、地域との交流が積極的に行われています。
D ○ 適切です。

テキストの「社会的養護と地域福祉」を確認しましょう。

10

次の文は、社会的養護にかかわる施設等の運営管理に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 国が定めた「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」に基づき、都道府県は児童福祉施設の設備及び運営について、条例で基準を定めなければならない。
  • B 児童養護施設、乳児院、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設、母子生活支援施設には、養育・支援の内容に関する指針があるが、里親とファミリーホームについてはそれぞれの独自性を尊重する観点から指針は設けられていない。
  • C 施設長は、経営や業務の効率化と改善に向けた取り組みに十分な指導力を発揮することが求められている。
C
1
2×
3×
4×
5×××

正解 3
A ○ 適切です。都道府県は「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」をもとに条例を定めて事業を展開することになっています。テキスト「児童福祉施設の運営に関する基準」を確認しましょう。
B × 不適切です。 里親とファミリーホームについては「里親及びファミリーホーム養育指針」が定められています。
C ○ 適切です。

  • 講座申し込み
  • 資料請求
  • 資料請求
  • 講座申し込み