0120-350-149
  • 資料請求
  • 無料説明会
  • 講座申込み
  • 資料請求
  • 無料説明会
  • 0120-350-149
  • 講座申込み

MENU CLOSE

平成30年 社会的養護(前期) | 保育試験 過去問題 | 保育士試験の受験対策講座なら三幸保育カレッジ

平成30年度 保育試験 過去問題

「社会的養護(前期)」

平成30年度 保育士試験問題(前期)

1

次の文は、ある福祉に関係する施設の設立に携わった人物の説明である。その人物として正しいものを一つ選びなさい。

この人物は女学校の教頭であったが、明治24年に発生した濃尾地震の被災孤児のための施設、「孤女学院」を開設し、女学校を退職した。その後、入所児童の中に知的障害のある少女がいたことがきっかけとなり、渡米して知的障害児教育を学んだ。また孤児院を、知的障害児を対象とした施設に転換し、施設名称の変更を行った。

1石井十次
2石井亮一
3留岡幸助
4渋沢栄一
5高木憲次

正解 2
石井亮一についての内容です。「弧女学院」「知的障害児」の等のキーワードから導きましょう。

2

次の文は、「児童養護施設運営指針」において示された社会的養護の原理の記述である。( A )~( D )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • ・ 家庭的養護と( A )化
  • ・ ( B )の保障と自立支援
  • ・ ( C )をめざした支援
  • ・ 家族との連携・協働
  • ・ ( D )と連携アプローチ
  • ・ ライフサイクルを見通した支援
1A 個別B 発達C 回復D 継続的支援
2A 地域B 養育C 回復D 緊急的支援
3A 個別B 発達C 尊厳D 緊急的支援
4A 地域B 養育C 尊厳D 継続的支援
5A 個別B 発達C 尊厳D 継続的支援

正解 1
・家庭的養護と( A 個別 )化
・( B 発達 )の保障と自立支援
・( C 回復 )をめざした支援
・家族との連携・協働
・( D 継続的支援 )と連携アプローチ
・ライフサイクルを見通した支援

3

次の文は、平成28年6月に改正された「児童福祉法」に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 国・地方公共団体は、家庭における養育が困難あるいは適当でない児童について、社会性を身につけさせるために、家庭における養育環境よりも集団で生活をおくれる環境で養育することを優先するとした。
  • B 都道府県(児童相談所)の業務として、里親の開拓から児童の自立支援までの一貫した里親支援を位置付けた。
  • C 養子縁組里親を法定化するとともに、都道府県(児童相談所)の業務として、養子縁組に関する相談・支援を位置付けた。
  • D 自立援助ホームを20歳になる前まで利用している大学等就学中の者について、22 歳の年度末までの間、利用を継続できることとした。
ABCD
1
2××
3××
4×
5×××

正解 4
A × 不適切です。「家庭における養育環境よりも集団で生活をおくれる環境で養育することを優先」が誤りです。
B 〇 適切です。
C 〇 適切です。
D 〇 適切です。

4

次の文は、児童福祉施設における苦情への対応に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 児童福祉施設では、苦情の公正な解決を図るために、苦情の解決にあたり当該児童福祉施設の職員以外の者を関与させなければならないとされている。
  • B 児童福祉施設は、苦情を受け付けるための窓口を設置する等の必要な措置を講じなければならないとされている。
  • C 運営適正化委員会は、苦情の解決にあたり、利用者の処遇について不当な行為が行われているおそれがあると認めるときは、施設が所在する市町村長(政令指定都市の長は除く)に通知しなければならないとされている。
  • D 児童福祉施設は、運営適正化委員会が行う「社会福祉法」の規定による調査に、できる限り協力しなければならないとされている。
ABCD
1
2×
3××
4××
5×××

正解 4
A × 不適切です。苦情解決に際し第三者関与が求められている児童福祉施設は「乳児院・児童養護施設・障害児入所施設・児童発達支援センター・児童心理治療施設・児童自立支援施設」であり、すべての児童福祉施設に適用される規定ではありません。
B 〇 適切です。
C × 不適切です。「市町村長」ではなく「都道府県知事」です。
D 〇 適切です。

5

次の文は、被措置児童等虐待の防止に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 「児童福祉法」において、被措置児童等への虐待行為には経済的虐待が含まれる。
  • B 「児童福祉法」において、被措置児童等自身による虐待の被害の届出は規定されていない。
  • C 児童養護施設の長は、児童を現に監護する者として保護者となることから、被措置児童への虐待行為を行った場合、それは「児童虐待の防止等に関する法律」に規定する児童虐待であるとともに、被措置児童等虐待に該当する。
1
2×
3×
4××
5××

正解 5
A × 不適切です。被措置児童等への虐待行為に「経済的虐待」は含まれません。
B × 不適切です。被措置児童等自身による虐待被害の届出規定はあります。
C 〇 適切です。

6

次の文は、児童福祉施設に配置されている職員に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 心理療法担当職員は、虐待等による心的外傷のための心理療法を必要とする児童等 や、夫等からの暴力による心的外傷等のため心理療法を必要とする母子に、遊戯療法やカウンセリング等の心理療法を実施する。
  • B 個別対応職員は、虐待を受けた児童等の施設入所の増加に対応するため、被虐待児等の個別の対応が必要な児童への一対一の対応や、保護者への援助等を行う職員を配置し、虐待を受けた児童等への対応の充実を図る。
  • C 里親支援専門相談員(里親支援ソーシャルワーカー)は、児童養護施設および乳児院に、地域の里親およびファミリーホームを支援する拠点としての機能をもたせ、児童相談所の里親担当職員、里親委託等推進員、里親会等と連携して、里親委託の推進および里親支援の充実を図る。
ABC
1
2×
3×
4××
5××

正解 1
A 〇 適切です。
B 〇 適切です。
C 〇 適切です。

7

次の文は、ある児童福祉施設の内容に関する記述である。これらすべてに該当する施設種別として正しいものを一つ選びなさい。

  • ・対象となる児童は、家庭環境、学校における交友関係その他の環境上の理由により社会生活への適応が困難となった児童である。
  • ・医師、心理療法担当職員、児童指導員、保育士、看護師、個別対応職員、家庭支援専門相談員、栄養士を置かなければならないとされている。
  • ・児童の家庭の状況に応じ、親子関係の再構築等が図られるように家庭環境の調整を行わなければならないとされている。
1児童養護施設
2児童自立支援施設
3児童心理治療施設
4児童発達支援センター
5障害児入所施設

正解 3
記述は、児童心理治療施設に関する内容です。

8

次の文のうち、「乳児院運営指針」の一部として正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 日常の養育において「担当養育制」を行い、特別な配慮が必要な場合を除いて、基本的に入所から退所まで一貫した担当制とする。
  • B 施設の備品である玩具、食器、戸棚などは措置費で購入しているため、入所児童には自分の所有物という認識を持たせず、共有のものとして利用させる。
  • C 個々の乳幼児の発達状況や個性に配慮し、専門的視点から遊びの計画や玩具を用意し、遊びを通じた好奇心の育みや身体機能の発達を支援する。
  • D 施設は集団での生活であり、自立を目指しているため、日課で決められた食事の時間内に残さず食べることができるように訓練する。
CD
1
2××
3××
4×
5×××

正解 3
A 〇 記述の通りです。
B × 誤りです。正しくは「他児と区別された「自分のもの」といえる玩具、食器、衣類、戸棚など個別化を図る。」です。
C 〇 記述の通りです。
D × 誤りです。正しくは「乳幼児が自分で食べようとする意欲を育てられるように、おいしい食事をゆっくりと、くつろいで楽しい雰囲気で食べることができる環境づくりや配慮を行う。」です。

9

次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
児童養護施設に勤務するJ保育士は、K君(15歳、男児)を担当して1か月である。親から身体的な虐待を受けた体験があるK君は、このところ自分より年下の子どもに暴言を吐いたり、学校でも友人とトラブルが絶えない状況である。

【設問】
J保育士のK君に対する対応として不適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A K君の言動は、過去のトラウマ体験が原因であると判断してK君の行動を容認する。
B K君の言動を家族との関係から捉えて考えてみる。
C K君の対応を、愛着対象である自分にすべて任せてほしいと施設長に申し出る。
D K君の強み(ストレングス)に注目して支援する。
E K君の言動の理由について、施設と児童相談所とのケース会議の際にK君を担当している児童心理司とともに検討する。

1A B
2A C
3B D
4C E
5D E

正解 2
A × 不適切です。心理の専門家ではない保育士が、K君の言動をトラウマ体験が原因と判断する事は適切ではありません。
B 〇 適切です。
C × 不適切です。施設長や外部の専門家等幾つかの職種や立場が相互に連携し合いながら対応することが大切です。
D 〇 適切です。
E 〇 適切です。

10

次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
Mちゃん(1歳2か月、女児)は母親と2人暮らしで、母親が夜、家を空けることが頻繁にあったため、半年前に児童相談所で一時保護された。児童相談所は母親による虐待(ネグレクト)と判断し、乳児院への措置が決定された。母親は、Mちゃんの入所後 一度も面会に来なかったが、ある日突然施設を訪れ、Mちゃんを引き取りたいと乳児院 に申し出た。

【設問】
この乳児院の家庭支援専門相談員が最初に行うべき対応として、最も適切な記述を一つ選びなさい

1虐待を理由に入所した子どもは、法律上、家庭に帰すことができないという規定があることを母親に伝える。
2親権を有する母親の意思を尊重し、家庭引き取りの手続きを行う。
3引き取りに関する話は、児童相談所の児童福祉司が担当すべき事柄であり、乳児院は関与してはいけないため、児童相談所に行くように勧める。
4母娘2人での生活は困難と判断し、母子生活支援施設の利用を勧める。
5母親が引き取りを希望する理由や母親の生活の状況について、母親の気持ちに寄り添いながら話を聴く。

正解 5
1 × 不適切です。このような規定はありません。
2 × 不適切です。尊重すべきは「母親の意思を尊重」ではなく「Mちゃんの最善の利益」です。
3 × 不適切です。このような規定はありません。
4 × 不適切です。「母娘2人での生活は困難と判断」したり、「母子生活支援施設の利用を勧め」たりすることは、乳児院の一職員の行うべき対応ではありません。
5 〇 記述の通りです。

  • 講座申し込み
  • 資料請求
  • 資料請求
  • 講座申し込み