0120-350-149
  • 資料請求
  • 無料説明会
  • 講座申込み
  • 資料請求
  • 無料説明会
  • 0120-350-149
  • 講座申込み

MENU CLOSE

平成29年 子どもの食と栄養(前期) | 保育試験 過去問題 | 保育士試験の受験対策講座なら三幸保育カレッジ

平成29年度 保育試験 過去問題

「子どもの食と栄養(前期)」

平成29年度 保育士試験問題(前期)

1

次の文は、近年の子どもの発育・発達と食生活の現状に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 「平成26年国民健康・栄養調査報告」によると、20歳未満において昼食、夕食に比べ朝食を欠食する割合が高い。
  • B 「平成26年度児童生徒の健康状態サーベイランス事業報告書」(日本学校保健会)によると、欠食の理由として多いのは、「食欲がない」、次いで「食べる時間がない」であ る。
  • C 「平成22年度幼児健康度調査」(日本小児保健協会)によると、おやつを時間を決めて与えている保護者は8割程度いる。
  • D 日本の乳児の死亡率は、WHO加盟国の中でも極めて低い。
  • E 日本の低出生体重児出生率は、ユニセフの調査によると先進国の中でも極めて低い。
1
2×
3××
4××
5×××

正解 3
A ○ 適切です。
B ○ 適切です。夜遅くまで塾や習い事に通う児童が増えているため、夕飯が遅かったり、夜食を摂る機会が増え、翌朝、時間や食欲がない、といったケースが考えられます。
C × 不適切です。おやつの時間を決めている保護者は全体の約5割という結果になっています。
D ○ 適切です。
E × 不適切です。低出生体重児出生率は先進国の中で最も高い、という結果が出ています。原因として、やせ型の妊婦の増加、妊娠中の体重管理、喫煙などと言われています。

2

次の文は、脂質についての記述である。適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 炭素鎖に二重結合をもつ脂肪酸を飽和脂肪酸という。
  • B 水に溶けず、アルコールなどの有機溶媒に溶ける。
  • C 食品に含まれる脂質の大部分は、中性脂肪である。
  • D 炭素(C)、酸素(O)、水素(H)および窒素(N)で構成されている。
  • E コレステロールは膵臓で合成されている。
1A C
2A D
3A E
4B C
5B E

正解 4
A × 不適切です。炭素鎖に二重結合をもつ脂肪酸は「不飽和脂肪酸」です。
B ○ 適切です。
C ○ 適切です。
D × 不適切です。問題文はたんぱく質(アミノ酸)についでです。脂質の構成要素は、炭素(C)、水素(H)、酸素(H)の3つです。
E × 不適切です。コレステロールは「肝臓」で合成されています。

3

次の文は、糖質に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A エネルギー源として利用され、1gあたり4kcalを供給する。
  • B 摂取後すぐに利用されない糖質は、肝臓や筋肉においてグリコーゲンや脂肪に変化してエネルギー貯蔵物質として蓄えられる。
  • C 血液中のブドウ糖濃度はホルモンにより調節され、一定の濃度に保たれている。
  • D 乳糖は、フルクトースとガラクトースが結合した二糖類である。
ABCD
1
2×
3×
4××
5×××

正解 2
A ○ 適切です。糖質とたんぱく質は4kcal、脂質は9kcal、と覚えておきましょう。
B ○ 適切です。テキスト「炭水化物の種類と機能」を確認しておきましょう。
C ○ 適切です。
D × 不適切です。乳糖(ラクトース)はブトウ糖(グルコース)とガラクトースが結合したものです。
ショ糖(スクロース)はブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)が結合したもの、麦芽(マルトース)はブドウ糖(グルコース)とブドウ糖(グルコース)が結合したもの、です。

4

次の文は、「食事バランスガイド」(平成17年:厚生労働省・農林水産省)のコマのイラストに関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A コマの中には、1食分の料理例が示されている。
  • B 水、お茶、牛乳などの水分を軸としている。
  • C コマのイラストの料理例を合わせると、おおよそ500kcalである。
  • D 主菜は、肉、魚、卵、海藻料理であり、3~5つ(SV(サービング))とされている。
1×
2×
3××
4×××
5××××

正解 5
A × 不適切です。コマの中には、「1日分」の料理例が示されています。「何を」「どれだけ」食べたらよいか、食事の望ましい組み合わせと量をイラストで示したものです。
B × 不適切です。軸は「水」「お茶」です。コマの中に「牛乳」「乳製品」というグループがあります。
C × 不適切です。1日分ですので、おおよそ2200±200kcal(基本形)を想定した料理例です。
D × 不適切です。主菜は「肉、魚、卵、大豆料理」で、副菜として「海草料理、野菜、きのこ、いも」とされています。

食事バランスガイドのコマのグループはテキストで確認しておきましょう。

5

次の文は、「母乳育児を成功させるための十か条」(WHO/UNICEF 共同発表)に関する記述の一部である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 授乳時以外は赤ちゃんと別室にいるようにすること
  • B 授乳時以外はゴムの乳首やおしゃぶりを与えること
  • C 赤ちゃんが母乳を欲しがっても時間を決めて与えること
  • D 医学的な必要がないのに母乳以外のもの(水分、糖水、人工乳)を与えないこと
  • E 母親が分娩後30分以内に母乳を飲ませられるように援助すること
1
2××
3×××
4××
5×××

正解 5
A × 不適切です。「母親と赤ちゃんが一緒にいられるように、終日、母子同室を実施しましょう」と記載されています。
B × 不適切です。「母乳で育てられている赤ちゃんに人工乳首やおしゃぶりを与えないようにしましょう」と記載されています。
C × 不適切です。「赤ちゃんが欲しがるときに欲しがるだけの授乳を勧めましょう」と記載されています。
D ○ 適切です。母乳が足りているときは他のものは与える必要がありません。
E ○ 適切です。分娩後の数日以内の母乳を初乳といいます。初乳には感染予防に大きな役割を果たす免疫グロブリンが多く含まれています。また、母子の接触は愛着形成につながるため、分娩後30分以内の授乳を推奨しています。

6

次の文は、「授乳・離乳の支援ガイド」(平成19年:厚生労働省)に示されている離乳食の進め方に関する記述である。【Ⅰ群】食べ方の目安と、【Ⅱ群】調理形態を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】

  • A 1日3回食に進めていく
  • B 1日2回食で食事のリズムをつけていく
  • C 自分で食べる楽しみを手づかみ食べから始める
  • D 子どもの様子をみながら、1日1回1さじずつ始める

【Ⅱ群】

  • ア なめらかにすりつぶした状態
  • イ 歯ぐきで噛める固さ
  • ウ 舌でつぶせる固さ
  • エ 歯ぐきでつぶせる固さ
ABCD
1ア ウ イ エ
2イ ウ エ ア
3イ エ ウ ア
4エ イ ウ ア
5エ ウ イ ア

正解 5
A エ 1日3回食へ進めていく … 歯ぐきでつぶせる固さ(9~11か月頃)
B ウ 1日2回食で食事のリズムをつけていく … 舌でつぶせる固さ(7,8か月頃)
C イ 自分で食べる楽しみを手づかみ食べから始める … 歯ぐきで噛める固さ(12~18か月頃)
D ア 子どもの様子をみながら、1日1回1さじずつ始める … なめらかにすりつぶした状態(5,6か月頃)

テキスト「離乳食の進め方の目安」を確認しておきましょう。

7

次の文は、母乳栄養に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 母乳栄養児では、ビタミンKの不足による頭蓋内出血が知られているが、現在では生後、ビタミンK2 シロップ剤の経口投与が行われている。
  • B 母乳中の免疫グロブリンA濃度は加熱方法によっては低下するため、冷凍母乳の解凍は、流水または微温湯で解凍し、体温以上に温めないようにする。
  • C 初乳には、感染防御因子が含まれ、乳児の未熟な腸粘膜を覆い病原体が粘膜を通して侵入することを予防する。
  • D 吸啜刺激は、オキシトシンの分泌を刺激して、乳汁分泌を維持させる。また、プロラクチンは子宮筋を収縮させて、子宮の回復を促す役割がある。
ABCD
1
2×
3××
4××
5××

正解 2
A ○ 適切です。
B ○ 適切です。冷凍した母乳は流水や微温湯で解凍します。
C ○ 適切です。分娩後数日以内に分泌される初乳は、免疫グロブリンの内、IgAは90%を占め、新生児の感染予防に大きな役割を果たしています。その他、ラクトフェリンやリゾチームといった感染防御因子も含んでいます。
D × 不適切です。吸啜刺激により、オキシトシンやプロラクチンにより乳汁分泌を維持されますが、子宮の回復を促す役割はオキシトシンです。

8

次の文は、「授乳・離乳の支援ガイド」(平成19年:厚生労働省)に示されている離乳に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 離乳の開始の発達の目安の一つに、乳歯の萌出があげられる。
  • B 離乳の開始前には、離乳に慣れさせるために、果汁を与える。
  • C 7・8か月の支援のポイントとして、平らなスプーンを下くちびるにのせ、上くちび るが閉じるのを待つようにする。
  • D 生後9か月以降は、鉄が不足しやすいので、育児用ミルクのかわりに牛乳・乳製品を調理に使用する等の工夫をする。
1×
2×
3×××
4×
5×××

正解 5
A × 不適切です。支援ガイドによると、離乳の開始は5,6か月を目安としています。発達の目安としては、首のすわりがしっかりしている、支えてやるとすわれる、食べものに興味を示す、スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが 少なくなる(哺乳反射の減弱)などがあげられます。乳歯の萌出時期は8~10か月頃ですので、乳歯が生え始める前から開始しても良いこととしています。
B × 不適切です。開始前に「果汁」を与えることは現在では推奨されていません。
C ○ 適切です。
D × 不適切です。9か月以降は鉄不足を防ぐために、牛乳・乳製品のかわりに育児用ミルクを使用したり、離乳食に鉄分の多い赤身の魚や肉、レバーを取り入れる工夫が大切です。

テキストを確認しておきましょう。

9

次の文は、「日本人の食事摂取基準(2015年版)」における幼児期に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 脂質の食事摂取基準は、総エネルギー量に対する比率で示され、目標量として30%以上40%未満とされている。
  • B 食物繊維の食事摂取基準は、成人同様に目標量が示されている。
  • C 年齢区分は、1~2歳、3~5歳の2区分である。
  • D カルシウムの推奨量は男女で差がある。
CD
1
2×
3××
4××
5×××

正解 4
A × 不適切です。脂質の目標量は1歳以上は全て20以上30%未満となっています。
B × 不適切です。食物繊維についての目標量は6歳以上に設定されています。
C ○ 適切です。幼児の年齢区分は1~2歳と3~5歳の2区分となっています。
D ○ 適切です。カルシウムの推奨量は男子の方が50g多くなっています。

資料集を確認しましょう。各項目の特徴を、とらえておきましょう。

10

次の文は、咀しゃく・嚥下が困難な子どもの食事に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 咀しゃく機能の状態によって、ソフト食やきざみ食にするなどの配慮が必要である。
  • B パサパサしているもの、口の中でばらつくものは飲み込みにくい。
  • C 飲み込みやすくするために、とろみ調整食品を使用することがある。
  • D こんにゃくは弾力性があるので、食べやすい食品である。
  • E 酸味の強い柑橘類は、食べやすい食品である。
ABCDE
1×
2××
3××
4×××
5×××

正解 2
A ○ 適切です。
B ○ 適切です。
C ○ 適切です。
D × 不適切です。こんにゃくは弾力性があるので、喉に詰まらせる恐れもある食べにくい食品です。他にも、かまぼこやイカなど、噛み切りにくい食品は細かく刻むなどの工夫が必要です。
E × 不適切です。酸味の強い食品はむせることがあります。

テキスト「飲み込む機能に障害がある場合」を確認しておきましょう。

11

次の図は、「児童福祉施設における食事の提供ガイド」(平成22年:厚生労働省)における「子どもの健やかな発育・発達を目指した食事・食生活支援」である。図中のA~Dにあてはまらないものを一つ選びなさい。

1人間関係の構築
2安全・安心な食事の確保
3食生活の自立支援
4心と体の健康の確保
5豊かな食体験の確保

正解 1
1 × 不適切です。食事に関する選択肢ではないので、判断しやすい問題です。

12

次の文は、幼児期の食生活に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 幼児の偏食は、時期により嫌う食品が変化しやすい。
  • B 間食は、3回の食事でとりきれない栄養を補い、素材の味を生かしたものが望ましい。
  • C 間食の与えすぎから、肥満やむし歯(う歯)の原因になることがあるので、量と時間を決めて与えることが重要である。
  • D 窒息事故を予防する方法として、食べる時に遊ばせない、あおむけに寝た状態や歩きながら食べさせないことがあげられる。
1
2×
3×
4××
5×××

正解 1
A ○ 適切です。
B ○ 適切です。
C ○ 適切です。
D ○ 適切です。

どの選択肢も不適切な内容ではありません。一般的な知識で正解できる問題です。

13

次の文のうち、「学校給食法」に掲げられている学校給食の目標として誤ったものを一つ選びなさい。

1適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること。
2食に関わる産業や、地域の人々との会食、行事食・郷土食などとの触れ合いを通して、地域の人々との交流を深めること。
3学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養うこと。
4食料の生産、流通及び消費について、正しい理解に導くこと。
5我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深めること。

正解 2
1 ○ 適切です。同法第2条1の記述です。
2 × 不適切です。「学校給食法」にこのような記述はありません。迷うかもしれませんが、これは「楽しく食べる子どもに~食から始まる健やかガイド」の記述です。
3 ○ 適切です。同法第2条3の記述です。
4 ○ 適切です。同法第2条7の記述です。
5 ○ 適切です。同法第2条6の記述です。

学校給食法についてはテキストにも載せてありますので、確認しておきましょう。

14

次の文は、生涯発達に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 生活習慣病には、肥満、高血圧、動脈硬化、糖尿病、骨粗しょう症など、慢性疾患といわれている疾患がある。
  • B 生活習慣病予防の食事は、栄養素の過不足がないように朝、昼、夕食をバランスよく摂取する。
  • C 「人口動態統計」(平成27年)によると、日本人の死因で多いものは、悪性新生物、心疾患、肺炎である。
  • D 女性にとって更年期とは、閉経の前後数年間をいい、一般的に45~55歳の時期に相当する。
  • E 男性には更年期障害がない。
1
2×
3××
4×××
5××××

正解 2
A ○ 適切です。
B ○ 適切です。
C ○ 適切です。
D ○ 適切です。
E × 不適切です。男性にも更年期障害があります。

一般問題ですが、保育の内容とは異なるため、正解にたどり着くことが難しかったかもしれません。

15

次の文は、「楽しく食べる子どもに~食からはじまる健やかガイド~」(平成16年:厚生労働省)における「発育・発達過程に応じて育てたい “食べる力”」の一部である。幼児期の内容として正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A おなかがすくリズムがもてる
  • B 食事のバランスや適量が分かる
  • C 家族や仲間と一緒に食べる楽しさを味わう
  • D 自然と食べ物のかかわり、地域と食べ物とのかかわりに関心をもつ
  • E 食べ物や身体のことを話題にする
ABCDE
1××
2××
3×××
4×××
5×××

正解 2
1 ○ 適切です。
2 × 不適切です。学童期の内容です。
3 ○ 適切です。
4 × 不適切です。学童期の内容です。
5 ○ 適切です。
その他、幼児期(-食べる意欲を大切に、食の他県を広げよう―)のには「食べたいもの、好きなものが増える」、「栽培、収穫、調理を通して、食べ物に触れはじめる」があります。

「発育・発達過程に応じて育てたい“食べる力”」については、テキストで確認しておきましょう。

16

次の文は、子どものむし歯(う歯)に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A むし歯の原因菌は、ミュータンス連鎖球菌である。
  • B せんべいやクラッカーは、市販菓子の中で、う触誘発性が特に高い。
  • C 乳歯は永久歯に生え変わるので、歯磨きの必要はない。
  • D むし歯予防に、よく噛むことは重要である。
ABCD
1×
2××
3××
4×××
5×××

正解 3
A ○ 適切です。
B × 不適切です。う触とは虫歯のことをいい、う触誘発性とは虫歯を発生させやすい、という意味です。せんべいやクラッカーよりも、チョコレート・ケーキ・飴・キャラメルなど、砂糖をたくさん使用しているものの方がう触誘発性が高いといえます。
C × 不適切です。乳歯の虫歯はその後生えてくる永久歯に影響します。歯磨きは乳歯の頃から必要です。
D ○ 適切です。よく噛むことで唾液が分泌されます。唾液は、食べ物のでんぷんを分解消化する働きをしますが、虫歯を防いだりや歯の表面にあるエナメル質を硬く強くしてくれる働きもします。

17

次の文のうち、「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」(昭和23年厚生省令第63号)の第11条の一部として誤ったものを一つ選びなさい。

1児童福祉施設(助産施設を除く。以下この項において同じ。)において、入所している者に食事を提供するときは、すべて当該児童福祉施設内で調理する方法により行わなければならない。
2児童福祉施設において、入所している者に食事を提供するときは、その献立は、できる限り、変化に富み、入所している者の健全な発育に必要な栄養量を含有するものでなければならない。
3食事は、前項の規定によるほか、食品の種類及び調理方法について栄養並びに入所している者の身体的状況及び嗜好を考慮したものでなければならない。
4調理は、あらかじめ作成された献立に従つて行わなければならない。ただし、少数の児童を対象として家庭的な環境の下で調理するときは、この限りでない。
5児童福祉施設は、児童の健康な生活の基本としての食を営む力の育成に努めなければならない。

正解 1
1 × 不適切です。「すべて当該児童福祉施設内で調理する」わけではありません。資料集の児童福祉施設の職員配置基準を確認しましょう。調理業務を委託する場合は調理員を置かなくてよい、とありますので、食事は外部に委託する施設もあります。

児童福祉施設による食事の提供においては、テキストを確認しておきましょう。

18

次の文は、授乳および調乳に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 調乳にあたって使用する湯は50℃以上を保つ。
  • B 常温で保存していた場合は、調乳後2時間以内に使用しなかったミルクは廃棄する。
  • C 冷凍母乳を用いる場合は、搾乳、冷凍、運搬など、すべてが衛生的に行われるようにする。
  • D 調乳法には無菌操作法や終末殺菌法がある。
1×
2××
3×
4×
5×××

正解 4
A × 不適切です。調乳に当たって使用するお湯は、沸騰させた後、70℃以上を保つ、とされています。
B ○ 適切です。
C ○ 適切です。
D ○ 適切です。無菌操作法とは、家庭などで1回分を調乳することをいい、終末殺菌法とは、病院や保育所などで1日分を調乳することをいいます。

テキストの「授乳・離乳の支援ガイド」を確認しておきましょう。

19

次の文は、保育所における食育の計画と評価に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 乳幼児期にふさわしい食生活が展開され、適切な援助が行われるよう、食事の提供を含む食育の計画を作成し、保育の計画に位置付けるとともに、その評価及び改善に努めること。
  • B 計画の作成にあたっては、柔軟で発展的なものになるよう留意し、各年齢を通して一貫性のあるものにする。
  • C 保育士等による自己評価と子どもの育ちの評価を通して、次の実践に向けた改善に努めるようにする。
  • D 保護者や地域に向けて、食事内容を含めて食育の取り組みを発信し、食育の計画・実施を評価して、次の計画へとつなげる。
1
2××
3××
4××
5×××

正解 1
A ○ 適切です。
B ○ 適切です。
C ○ 適切です。
D ○ 適切です。

保育所内における食育については、保育所保育指針 第5章 3食育の推進 を確認しておきましょう。

20

次の文は、「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 食事摂取基準とは、健康な個人または集団を対象として、国民の健康の保持・増進、生活習慣病の予防を目的として、エネルギーおよび各栄養素の摂取量の基準を示すものである。
  • B 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」は、平成27(2015)年度から平成29(2017)年度の3年間に使用するものである。
  • C 食事摂取基準の基本的な考え方では、エネルギーおよび栄養素摂取量の多少に起因する健康障害は、欠乏症または摂取不足によるものばかりでなく、過剰によるものも存在する。
  • D 食事摂取基準の「目標量」は、生活習慣病の二次予防を目的として設定された。
  • E 食事摂取基準は、「健康増進法」に基づいている。
E
1×
2×
3××
4×××
5×××

正解 3
A ○ 適切です。食事摂取基準の意味についてはテキストを確認しておきましょう。
B × 不適切です。3年間ではなく平成27年度から31年度の5年間使用します。
C ○ 適切です。過剰による健康障害をもたらすリスクがあるものは「耐容上限量」を定めています。
D × 不適切です。目標量は生活習慣病の予防のために策定されたもので、これは1次予防です。2次予防とは早期発見・早期治療により重症化を予防することをいい、3次予防とはリハビリテーション等で機能回復を図り、再発を予防することをいいます。
E ○ 適切です。

  • 講座申し込み
  • 資料請求
  • 資料請求
  • 講座申し込み