0120-350-149
  • 講座申込み
  • 資料請求
  • 無料説明会
  • 0120-350-149
  • 講座申込み
  • 資料請求
  • 無料説明会

MENU CLOSE

平成30年 子どもの保健(前期) | 保育試験 過去問題 | 保育士試験の受験対策講座なら三幸保育カレッジ

平成30年度 保育試験 過去問題

「子どもの保健(前期)」

平成30年度 保育士試験問題(前期)

1

次の文は、平成28年10月1日現在、日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュー ルに関する記述である。適切な記述を一つ選びなさい。

1インフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチンは、生後12か月以降に初回接種をする。
24種混合ワクチン(DPT-IPV)は、生後6か月以降に初回接種をする。
3任意接種であるロタウイルスワクチンは、生後2か月から接種する。
4BCGワクチンは、アメリカ合衆国と同様にわが国でも任意接種であり、生後12か月以降に接種する。
5ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンは、女児を対象として幼児期に2回接種する。

正解 3
1 × 不適切です。インフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチンの接種方法は、初回の摂取月齢・年齢によって摂取間隔・回数が異なります。標準的なスケジュールは生後2か月から6か月までに初回接種を開始し、合計4回接種します。
2 × 不適切です。4種混合ワクチン(DPT-IPV)の初回接種は、生後3か月以降です。管針法といったスタンプ方式で上腕の2か所に押しつけて接種します。
3 〇 適切です。
4 × 不適切です。わが国ではBCGワクチンは定期接種であり、12か月未満に接種します。
5 × 不適切です。ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンは、中学1年生で初回摂取を受け計3回接種を推奨しています。現時点でHPVワクチンは定期接種ではあるものの、厚生労働省は積極的な接種の呼びかけを行っていません。

2

次の文は、「保育所保育指針」第3章「保育の内容」の(1)「養護に関わるねらい及び内容」の一部である。( A )~( D )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

・ 一人一人の子どもが、快適に( A )できるようにする。
・ 一人一人の子どもが、健康で( B )に過ごせるようにする。
・ 一人一人の子どもの( C )欲求が、十分に満たされるようにする。
・ 一人一人の子どもの( D )増進が、積極的に図られるようにする。

1A 生活B 安全C 身体的D 健康
2A 生存B 活動的C 生理的D 体力
3A 生活B 活動的C 身体的D 健康
4A 生活B 安全C 生理的D 健康
5A 生存B 活動的C 身体的D 体力

改定により問題不成立(正解は4)
平成30年に保育所保育指針が改定されました。
“第3章「保育の内容」の(1)「養護に関わるねらい及び内容」”は“第1章「総則」の2「養護に関する基本的事項の(2)養護に関わるねらい及び内容」”に変更となりました。

「保育所保育指針」第1章「総則」2「養護に関する基本的事項」(2)「養護に関わるねらい及び内容」ア「生命の保持」(ア)ねらい参照。

・一人一人の子どもが、快適に( A:生活 )できるようにする。
・一人一人の子どもが、健康で( B:安全 )に過ごせるようにする。
・一人一人の子どもの( C:生理的 )欲求が、十分に満たされるようにする。
・一人一人の子どもの( D:健康 )増進が、積極的に図られるようにする。

3

次の文は、子どもによく見られる症状に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 発熱とは、通常の体温(平熱)より高い状態をいうが、多くの場合平熱よりも1.0℃以上高い場合をいう。
  • B 嘔吐とは、胃の内容物が勢いよく口から吐き出されることである。
  • C 下痢とは、泥状あるいは水様の便が出ることをいい、多くの場合食欲はある。
  • D けいれんとは、全身の筋肉が発作的に収縮することをいう。
1××
2×
3××
4××
5××

正解 1
A 〇 適切です。
B 〇 適切です。
C × 不適切です。下痢をしていても食欲がある場合もありますが、「多くの場合食欲はある」とはいえません。
D × 不適切です。「けいれん」とは、不随意に筋肉が激しく収縮することによって起こる発作のことです。
「けいれん」のパターンは、大きく全身性の場合と体の一部分である場合とに分けることができます。

4

次の文は、「2012年改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン」(厚生労働省)の一部である。( A )~( D )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

ウイルスや細菌などの( A )が宿主(人や動物など)の体内に侵入し、発育又は増殖することを「( B )」といい、その結果、何らかの臨床症状が現れた状態を「( C )」 といいます。( A ) が体内に侵入してから症状が現れるまでにはある一定の期間があり、これを「( D )」といいます。( D )は( A )によって異なり、乳幼児がかかりやすい( C )の( D )を知っておくことが必要です。

1A 感染源B 感染C 感染症D 孵卵期間
2A 病原体B 感染C 発症D 潜伏期間
3A 病原体B 感染症C 発症D 潜伏期間
4A 感染源B 感染症C 発症D 孵卵期間
5A 病原体B 感染C 感染症D 潜伏期間

正解 5
「2012年改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン」1 感染症とは(1)感染症とその三大要因参照。

ウイルスや細菌などの( A 病原体 )が宿主(人や動物など)の体内に侵入し、発育又は増殖することを「( B 感染)」といい、その結果、何らかの臨床症状が現れた状態を「(C 感染症)」といいます。( A 病原体 )が体内に侵入してから症状が現れるまでにはある一定の期間があり、これを「( D 潜伏期間 )」といいます。( D 潜伏期間 )は( A 病原体 )によって異なり、乳幼児がかかりやすい( C 感染症 )の( D 潜伏期間 )を知っておくことが必要です。

5

次の文は、幼児の肥満に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。

1肥満の判定に用いる肥満度(%)は、幼児の体重と標準体重から導き出す。
2カウプ指数は、「体重」と「身長の2乗」の値を用いて導き出す。
3食べすぎと運動不足は、肥満の主な要因となる。
4肥満の解消に重要なのは、カロリー摂取制限によって体重を減らすことである。
5親の肥満傾向は、子どもの肥満に影響すると考えられている。

正解 4
幼児はカロリー摂取制限によって体重を減らすことは不適切です。食事・運動・生活習慣をあわせて対策することが重要です。

6

次の文は、身体障害や知的障害がある子どもとその対応に関する記述である。
( A )~( C )にあてはまる語句の最も適切な組み合わせを一つ選びなさい。

障害のある子どもへの対応としては、能力のいかんにかかわらずできるだけ多くの人が利用可能となるような( A )の発想を大切にする。今できることの少しだけ上の目標設定を行い( B )で徐々に生活能力を向上させていき、適切な( C )も心がける。

1A リハビリテーションB バリアフリーC 環境設定
2A リハビリテーションB スモールステップC 栄養指導
3A ユニバーサルデザインB スモールステップC 栄養指導
4A ユニバーサルデザインB バリアフリーC 環境設定
5A ユニバーサルデザインB スモールステップC 環境設定

正解 5
障害のある子どもへの対応としては、能力のいかんにかかわらずできるだけ多くの人が利用可能となるような( A ユニバーサルデザイン )の発想を大切にする。今できることの少しだけ上の目標を行い( B スモールステップ )で徐々に生活能力を向上させていき、適切な( C 環境設定 )も心がける。

Aの「ユニバーサルデザイン」とは、文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)のことです。
Bの「スモールステップ」とは、最初から高い目標を掲げるのではなく、目標を細分化し、小さな目標を達成する体験を積み重ねながら、最終目標に近づいていくことです。

7

次の文は、保健に関わる専門用語の説明である。適切な記述を一つ選びなさい。

1「トキソプラズマ」とは、ワクチンの一種で、病原体がもつ毒素を処理して、毒素を無害化したものである。
2「グロブリン」とは、心臓に作用して血圧を上げ、気管支を広げる作用のあるホルモンである。
3「バイタルサイン」とは、窒息を起こした時に、両手を交差させてのど元をつかむような動作のことである。
4「ハイムリック法」とは、傷病者の搬送方法の一つである。
5「トリソミー」とは、染色体異常である染色体が一本多い場合をいう。

正解 5
1 × 不適切です。トキソプラズマは多くの動物や鳥が持っている寄生虫の一種です。
2 × 不適切です。グロブリンは水には溶けませんが、希酸・希アルカリまたは中性の塩類には溶ける一群の単純タンパク質の総称です。動植物に広く分布します。
3 × 不適切です。バイタルサインとは、「生命徴候」という意味の医学・医療用語です。「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「意識レベル」の5つがバイタルサインの基本です。
4 × 不適切です。ハイムリック法とは、気道に入った異物を外部から取り除こうと試みる手段のひとつです。
5 〇 適切です。21トリソミー(21番染色体が3本ある状態)はダウン症候群です。

8

次の文は、感染症とその予防に関する記述である。適切な記述を一つ選びなさい。

1母親がウイルスによる感染症にかかっている場合、母乳を介して必ず子どもに感染する。
2幼児がインフルエンザで高熱を出すと、意識障害になりやすい。
3B型肝炎は、出産時に母親から子どもに感染することがある。
44種混合ワクチンは、インフルエンザの流行時期には接種を避けなければならない。
5免疫グロブリンのIgAは、胎盤を通過する。

正解 3
1 × 不適切です。母乳を介して母子感染するウイルスもありますが、「必ず」感染するというのは誤りです。
2 × 不適切です。一般的なインフルエンザの症状に加えて、意識障害や5分以上続くけいれんなど現れるとインフルエンザ脳症が起こっている疑いがあります。
3 〇 適切です。
4 × 不適切です。インフルエンザが流行している時期でも4種混合ワクチンの接種は可能です。
5 × 不適切です。胎盤を通過できるのは、免疫グロブリンIgGです。

9

次の文は、子どものアレルギーに関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 離乳食の早期開始が食物アレルギーの原因になるため、離乳の開始は標準より遅くするのがよい。
  • B 乳児期にアナフィラキシーが起きた場合、次の検査までは、原因と思われる物質の摂取は避ける。
  • C アレルギーの血液検査で陽性が判明した食物を食べると、必ず食物アレルギー症状が見られる。
  • D アトピー素因があると、日常生活で接する可能性のある抗原に対して、IgE抗体をつくりやすい。
D
1××
2××
3××
4×××
5××

正解 3
A × 不適切です。離乳食の早期開始が食物アレルギーの原因になると断言できる根拠はありません。
B 〇 適切です。
C × 不適切です。アレルギー血液検査で陽性が判明した食物を食べても、必ずアレルギー症状が出現するとは限りません。
D 〇 適切です。

10

次の文は、子どもの生活リズム等に関する記述である。適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

  • A コルチゾールは早朝に分泌が多くなり、血圧の維持や血糖の代謝にかかわる。
  • B 多くの子どもの起床就寝時刻は、平日と休日の間で差はない。
  • C メラトニンは昼間分泌され、身体活動の活発性に関与する。
  • D 成長ホルモンは、主にレム睡眠の時に分泌される。
  • E 近年わが国では、子どもの外遊びの時間が減っているといわれている。
1A B
2A E
3B C
4C D
5D E

正解 2
A 〇 適切です。コルチゾールとは、 副腎皮質で生産されるステロイドホルモンの1つで、 主にストレスと低血糖に反応して分泌されます。
B × 不適切です。休日は平日よりも就寝時間が遅くなります。(21世紀出生児縦断調査参照)
C × 不適切です。メラトニンは夜間に分泌されます。「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、身体のリズムを調整し、睡眠を安定させるのに大切な役割をもっています。
D × 不適切です。成長ホルモンは眠りばなの深いノンレム睡眠時に集中して分泌されます。
E 〇 適切です。

11

次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
母親と二人暮らしの4歳の女児が、母親の体調不良を理由に保育所に登園しない日が続くようになった。母親と面接したところ、表情は精彩を欠き、小声でうつむき加減の応対であった。気分が落ち込んで意欲がなくなり、外出が億劫となり、家事もできなくなっていると言う。また、夜間床についても何度も目を覚まし、食欲も落ちて体重も減少したと言う。「子どもや保育所に迷惑をかけて申し訳ない」と涙ぐむ。

【設問】
この母親に対する保育士の対応に関する以下の記述で、適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 母親に協力できる親戚や支援者がいるかどうかを確認する。
B 「気持ちの問題なので、頑張りましょう」と励ます。
C 積極的に趣味に打ち込むように勧める。
D 医療機関への受診を提案する。
E 保健所や子育て支援機関への相談を提案する。

DE
1×
2×
3×
4××
5××

正解 4
A 〇 適切です。
B × 不適切です。母子家庭で気分が落ち込んでいる母親を気持ちの問題と励ますのは不適切です。
C × 不適切です。気分が落ち込んでいる母親は、しっかり休むことが非常に重要です。
D 〇 適切です。
E 〇 適切です。

12

次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
6歳の女児。周産期に問題はなく、発育発達で異常を指摘されたことはない。保育所での適応も問題はなかった。2か月前頃から、砂場で遊んだ後などに「汚れが落ちない」と言って頻繁に手を洗うようになった。また、母親や保育士に何回も執拗に手が汚れていないかと確認するようになった。母親や保育士が「手はきれいになっているよ」と答えても、本児は「手が汚れている」と納得せず、手を洗うことを繰り返すため、手荒れがひどくなった。

【設問】
この事例で最も疑われる精神医学的問題を一つ選びなさい。

1身体表現性障害
2広汎性発達障害
3全般性不安障害
4強迫性障害
5統合失調症

正解 4
強迫性障害とは、不合理な行為や思考を自分の意に反して反復してしまう精神障害の一種です。具体的には不潔恐怖・洗浄脅迫、確認行為などがあります。

13

次の文は、知的障害についての記述である。適切な記述を一つ選びなさい。

1知的障害の評価は、知能指数のみで定義される。
2知的障害は、女児のほうが男児より多い。
3知的障害の原因に、胎児性アルコール症候群は含まれない。
4軽度の知的障害においても、ほとんど原因となる要因が明確である。
5知的障害は、自閉性障害の代表的な併存症である。

正解 5
1 × 不適切です。知的障害は、知能指数だけで定義されるのではなく、日常生活能力、社会生活能力、社会適応性などの能力を測る指数と併せて診断が下されます。
2 × 不適切です。知的障害児数は、女児よりも男児が多いです。
3 × 不適切です。胎児性アルコール症候群が起こると、知的障害や学習障害、ADHD(注意欠陥多動性障害)などを生じる可能性があります。
4 × 不適切です。知的障害の約8割が原因は明らかではないとされています。 軽度の知的障害のほとんどがこれに当たり、原因不明です。
5 〇 適切です。

14

次の精神医学的問題のうち、5歳の時点で診断が可能なものを○、そうでないも のを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 統合失調症
  • B 分離不安障害
  • C 反応性愛着障害
  • D 反社会性パーソナリティ障害
1××
2×
3××
4××
5×××

正解 3
A × 誤りです。思春期から10代後半から20代にかけてが発症のピークと言われています。14歳以下の子どもの場合には0%ではありませんが、ほとんど発症しないという傾向にあります。
B 〇 記述の通りです。分離不安障害は診断が可能です。
C 〇 記述の通りです。反応性愛着障害は診断が可能です。
D × 誤りです。反社会性パーソナリティ障害の診断基準(DSM-5)に「その人は少なくとも18歳以上である」と記載があります。

15

次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
保育所に通う5歳の男児。周産期に問題はなく、発育発達で異常を指摘されたことはない。食欲は旺盛で、普段は20時過ぎに就寝し、朝は6時頃に起床している。母親から、2か月程前から夜中に叫ぶことがあると相談を受けた。頻度は週2~3回で、22時前後に、急激に両目を見開いて、恐怖の叫び声をあげることが数分間続く状態であった。心配した母親が安心させようと抱きしめても叫び続けた。朝起床後に母親が尋ねても、叫び声をあげたことは覚えておらず、日中の行動には問題はない。

【設問】
次のうち、この子どもで疑われる精神医学的問題として適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 症状はパニック発作で、治療は認知行動療法が有効である。
B 小児に多く、成人では頻度が少ない。
C 頻脈、呼吸促迫、発汗、瞳孔散大などの自律神経徴候がみられる。
D 悪化する要因として日常生活上のストレスや、睡眠リズムの乱れがある。
E 脳波検査で、特有の異常波がみられる。

1××
2××
3××
4××
5××

正解 3
A × 不適切です。事例は夜驚(やきょう)症(睡眠時驚愕症)が疑われます。成長と共に自然に治まり、思春期頃までには起こらなくなるのが普通なので、多くの場合経過観察のみで治療は必要ありません。
B 〇 適切です。
C 〇 適切です。
D 〇 適切です。
E × 不適切です。夜驚症では、特有の異常脳波はみられません。夜驚症と違いが見分けにくい「てんかん」との鑑別は脳波検査をすると分かります。「てんかん」の場合、脳波検査によって「てんかん」特有の脳波の波形(てんかん型脳波)が比較的多く見られます。脳波に異常がなければ、夜驚症の可能
性が高いと考えられます。

16

次の文は、「2012年改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン」(厚生労働省)における感染症に罹患した子どもの出席停止の日数の数え方に関する記述である。(a)~(c)の下線部が正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

・ 日数の数え方は、(a)その現象が見られた日を第1日とする。
・ 「解熱した後3日を経過するまで」の場合、例えば、解熱を確認した日が月曜日であった場合には、(b)月曜、火曜、水曜の3日間を休み、木曜日から登園許可ということになる。
・ インフルエンザにおいて「発症した後5日」の場合の「発症」とは、(c)全身倦怠感が現れたことを指す。

abc
1
2×
3×
4×
5×××

正解 5
2012年改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン参照。

a × 誤りです。日数の数え方は、その現象がみられた日は期間には算定せず、その翌日を第1日とします。
b × 解熱を確認した日が月曜日であった場合には、その日は期間には算定せず、火曜日(1日目)、水曜日(2日目)及び木曜日(3日目)の3日間を休み、金曜日から登園許可(出席可能)ということになります。
c × インフルエンザにおいて「発症した後5日」の場合の「発症」とは、「発熱が始まった日」を指します。

17

次の文のうち、「放課後児童クラブ運営指針」(平成27年 厚生労働省)における「衛生管理及び安全対策」の一部として正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 手洗いやうがいを励行するなど、日常の衛生管理に努める。
  • B 必要な医薬品その他の医療品を備えるとともに、それらの管理を適正に行い、適切に使用する。
  • C 施設設備やおやつ等の衛生管理を徹底し、食中毒の発生を防止する。
  • D 感染症の発生や疑いがある場合は、必要に応じて市町村、保健所等に連絡し、必要な措置を講じて二次感染を防ぐ。
1
2××
3××
4××
5××××

正解 1
放課後児童クラブ運営指針 第6章「施設及び設備、衛生管理及び安全対策」2.衛生管理及び安全対策参照。
A~Dすべて記述の通りです。

18

次の文は、睡眠中の乳児における「窒息リスクの除去の方法」についての記述である。不適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 乳児にうつぶせ寝の習慣がある場合は、仰向けに寝かせる必要はない。
  • B 定期的に子どもの呼吸・体位、睡眠状態を点検する。
  • C 睡眠中は、乳児を一人にしないこととされている。
  • D 乳児の窒息リスクの除去は、睡眠中にのみ行う。
1A B
2A D
3B C
4B D
5C D

正解 2
教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン参照。

A × 不適切です。医学的な理由で医師からうつぶせ寝を勧められている場合以外は、乳児の顔が見える仰向けに寝かせることが重要です。
B 〇 適切です。
C 〇 適切です。
D × 不適切です。乳児の窒息リスクの除去は、食事中や遊びの最中など睡眠時以外も行う必要があります。

19

次の文は、予防接種を受ける時期に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 生ワクチンの接種後、別の種類のワクチンを受ける場合は、21日(3週間)以内に接種する必要がある。
  • B 不活化ワクチンの接種後は、中6日以上(1週間)空ける必要があることとされている。
  • C 医師が特に必要と認めた場合は、複数のワクチンを同時に接種することが可能である。
  • D 同じワクチンを複数回接種する場合は、免疫を獲得するために一番効果的な時期が標準的な接種間隔として定められているため、それをふまえて接種スケジュールを立 てる必要がある。
1
2××
3××
4×
5××

正解 4
A × 不適切です。生ワクチン接種後は、ウイルス同士の干渉を防止するため、あるいは副反応が起こるかもしれない時期をはずすため、中27日以上(いわゆる4週間以上) の間隔をあけて次のワクチンを接種します。
B 〇 適切です。
C 〇 適切です。
D 〇 適切です。

20

次の文は、「保育所保育指針」第5章「健康及び安全」の2「環境及び衛生管理並びに安全管理」の一部である。( A )~( D )の語句が正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

(1) 環境及び衛生管理
ア 施設の温度、湿度、換気、(A 抗菌)、(B 防音)などの環境を常に適切な状態 に保持するとともに、施設内外の設備、用具等の衛生管理に努めること。  
(中略)
(2)事故防止及び安全対策
ア 保育中の事故防止のために、子どもの(C 健康)の状態等を踏まえつつ、保育所内外の安全点検に努め、安全対策のために職員の(D 共同作業)や体制作りを図るとともに、家庭や地域の諸機関の協力の下に安全指導を行うこと。

1×
2×
3××
4××
5××××

改定により問題不成立(正解は5)
平成30年に保育所保育指針が改定されました。
“第5章「健康及び安全」の2「環境及び衛生管理並びに安全管理」”は“第3章「健康及び安全」の3「環境及び衛生管理並びに安全管理」”に変更となりました。

(1)環境及び衛生管理
ア 施設の温度、湿度、換気( A 採光 )、( B 音 )などの環境を常に適切な状態に保持するとともに、施設内外の設備、用具等の衛生管理に努めること。
(中略)
(2)事故防止及び安全対策
ア 保育中の事故防止のために、子どもの( C 心身 )の状態を踏まえつつ、保育内外の安全点検に努め、安全対策のために職員の( D 共通理解 )や体制作りを図るとともに、家庭や地域の諸機関の協力の下に安全指導を行うこと。

保育所保育指針は繰り返し読んで覚えましょう。

  • 講座申し込み
  • 資料請求
  • 資料請求
  • 講座申し込み