0120-350-149
  • 受講生専用ページ
  • 講座申込み
  • 資料請求
  • 0120-350-149
  • 資料請求
  • 講座申込み

MENU CLOSE

令和元年 教育原理(後期) | 保育試験 過去問題 | 保育士試験の受験対策通信講座なら三幸保育カレッジ

令和1年度 保育試験 過去問題

「教育原理(後期)」

令和1年度 保育士試験問題(後期)

1

次の文は、「教育基本法」第11条の一部である。( A )・( B )にあてはまる語句の正 しい組み合わせを一つ選びなさい。

幼児期の教育は、生涯にわたる( A )の基礎を培う重要なものであることにかんがみ、国及び 地方公共団体は、幼児の( B )に資する良好な環境の整備その他適当な方法によって、その振興 に努めなければならない。

1A:人格形成B:のびやかな発達
2A:人格形成B:望ましい発育
3A:人格形成B:健やかな成長
4A:資質・能力形成B:のびやかな発達
5A: 資質・能力形成B:健やかな成長

正解 3
幼児期の教育は、生涯にわたる( A 人格形成 )の基礎を培う重要なものであることにかんがみ、国及び地方公共団体は、幼児の( B 健やかな成長 )に資する良好な環境の整備その他適当な方法によって、その振興に努めなければならない。

「教育基本法」の第11条、幼児期の教育について定めた条文で特に重要です。「教育基本法」は頻出です。資料集で確認しておきましょう。

2

次の文は、「学校教育法」第24条の一部である。( A )・( B )にあてはまる数字及び 語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

幼稚園においては、第( A )条に規定する目的を実現するための教育を行うほか、幼児期の教 育に関する各般の問題につき、保護者及び地域住民その他の関係者からの相談に応じ、必要な ( B )及び助言を行うなど、家庭及び地域における幼児期の教育の支援に努めるものとする。

1A:9B:子育て支援
2A:9B:情報の提供
3A:22B:子育て支援
4A:22B:情報の提供
5A:22B:対応

正解 4
幼稚園においては、第( A 22 )条に規定する目的を実現するための教育を行うほか、幼児期の教育に関する各般の問題につき、保護者及び地域住民その他の関係者からの相談に応じ、必要な ( B 情報の提供 )及び助言を行うなど、家庭及び地域における幼児期の教育の支援に努めるものとする。

受講生専用ページの「学習に役立つリンク集」に学校教育法のリンクが貼ってありますので確認しておきましょう。

3

次のA~Dのうち、「学校教育法」第23条の一部として正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 生活を明るく豊かにする音楽、美術、文芸その他の芸術について基礎的な理解と技能を養うこと。
  • B 日常の会話や、絵本、童話等に親しむことを通じて、言葉の使い方を正しく導くとともに、相手 の話を理解しようとする態度を養うこと。
  • C 身近な社会生活、生命及び自然に対する興味を養い、それらに対する正しい理解と態度及び思考 力の芽生えを養うこと。
  • D 健康、安全で幸福な生活のために必要な習慣を養うとともに、運動を通じて体力を養い、心身の 調和的発達を図ること。
1
2
3
4
5

正解 3
A × 不適切です。「学校教育法」第21条の九の内容です。
B 〇 適切です。
C 〇 適切です。
D × 不適切です。「学校教育法」第21条の八の内容です。

4

次の文の著者として、正しいものを一つ選びなさい。

政府はシュタンツにある尼僧達の使用している建物を私の住居に指定してくれた。しかし、この建 物は私が到着した時には、まだ完成していなかったし、また、多数の子供達を収容する孤児院に適す るようには作られていなかった。(中略)
この子供達の大部分の入所当時の悲惨な有様というものは、人間の性情を全く無視したための当然 の結果であった。(中略)怠惰な不活発さ、精神的素質や肉体的技能の訓練不足、これがどの子供に も見られる一般的な傾向であった。ABCを知っている子どもは十人に一人もいなかった。まして や、その外の学校教育とか、教育的陶冶方法についてはいうだけ野暮であった。

1フレーベル(Fröbel, F.W.)
2トマス・モア(More, T.)
3ピアジェ(Piaget, J.)
4エレン・ケイ(Key, E.)
5ペスタロッチ(Pestalozzi, J.H.)

正解 5
ペスタロッチは、ルソーの影響を受けたスイスの教育家です。子どもたちを貧困から救済する教育の実践を行い『シュタンツ便り』という記録を残しています。また『生活が陶冶(とうや)する』と考え、精神力(頭)、心情力(心)、技術力(手)を調和的に発達させることが教育の目的であるとしました。
このようなキーワードから著者を導き出せるようにしましょう。

5

次の【Ⅰ群】の記述と、【Ⅱ群】の人物を結び付けた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A: 『脱学校の社会』(1977年)で、学校制度を通じて「教えられ、学ばされる」ことにより、「自ら 学ぶ」など、学習していく動機を持てなくなる様子を「学校化」として批判的に分析した。

B: 『被抑圧者の教育学』(1979年)で、学校を通じて子どもに知識が一方的に授けられる様子を 「銀行型教育」と批判し、これに代わって教育では「対話」が重視されるべきだとした。


【Ⅱ群】
ア: イリイチ(Illich, I.)
イ: フレイレ(Freire, P.)
ウ: フレネ(Freinet, C.)

1
2
3
4
5

正解 1
A-ア イリイチに関する記述です。
B-イ フレイレに関する記述です。

ウのフレネはフランスの教育者で、子どもを主体とし、具体的実践を重視したフレネ教育学が世界的に実践されています。

6

次の【Ⅰ群】の記述と、【Ⅱ群】の人物を結び付けた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A: 文化の継承として知識をそのまま受け容れて身に付けることが大切であると主張したが、そのた めには機械的に知識を覚えさせるのではなく、学習者の認知構造に意味のある変化をもたらすよう に教えなくてはならないとした。

B: 行動主義心理学の立場で、刺激を与えれば反応が生起するという理論(S‒R理論)をもとにプ ログラム学習を構想した。


【Ⅱ群】
ア: オーズベル(Ausubel, D.P.)
イ: ブルーナー(Bruner, J.S.)
ウ: スキナー(Skinner, B.F.)

1
2
3
4
5

正解 2
A-ア オーズベルに関する記述です。
B-ウ スキナーはアメリカの心理学者で、プログラム学習を提唱しました。

イのブルーナーは、学習者自身が課題を探求し、発見していくことで学べる「発見学習」を提唱しました。

7

次のア~ウの図は、日本の教育制度を示したものである。年代を古い順に並べた場合の正しい 組み合わせを一つ選びなさい。

1ア→イ→ウ
2ア→ウ→イ
3イ→ア→ウ
4イ→ウ→ア
5ウ→イ→ア

正解 4
ア 現在の学校制度(幼保連携型認定こども園の名称あり)
イ 戦前の学校制度(尋常小学校の名称あり)
ウ 戦後の学校制度

 年代の古い順に並べるとイ→ウ→アの順になります。キーワードに注目するとよいでしょう。

8

次の文は、中央教育審議会答申「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習 指導要領等の改善及び必要な方策等について」(平成28年)の一部である。( A ) ・ ( B ) にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

2030年とその先の社会の在り方を見据えながら、学校教育を通じて子供たちに育てたい姿を描く とすれば、以下のような在り方が考えられる。


・ 社会的・職業的に自立した人間として、我が国や郷土が育んできた伝統や文化に立脚した広い視 野を持ち、理想を実現しようとする高い志や意欲を持って、主体的に学びに向かい、必要な情報を 判断し、自ら知識を深めて個性や能力を伸ばし、人生を切り拓 ひらいていくことができること。

・ ( A )を通じて、自分の考えを根拠とともに伝えるとともに、他者の考えを理解し、自分の 考えを広げ深めたり、集団としての考えを発展させたり、他者への思いやりを持って多様な人々と 協働したりしていくことができること。

・ ( B )の中でも、感性を豊かに働かせながら、よりよい人生や社会の在り方を考え、試行錯 誤しながら問題を発見・解決し、新たな価値を創造していくとともに、新たな問題の発見・解決に つなげていくことができること。

1 A:発表や主張B:変化の激しい社会
2A:発表や主張B:知識基盤社会
3A:対話や議論B:変化の激しい社会
4A:対話や議論B:情報化社会
5A:対話や議論B:知識基盤社会

正解 3
・ ( A 対話や議論 )を通じて、自分の考えを根拠とともに伝えるとともに、他者の考えを理解し、自分の考えを広げ深めたり、集団としての考えを発展させたり、他者への思いやりを持って多様な人々と協働したりしていくことができること。
・ ( B 変化の激しい社会 )の中でも、感性を豊かに働かせながら、よりよい人生や社会の在り方を考え、試行錯誤しながら問題を発見・解決し、新たな価値を創造していくとともに、新たな問題の発見・解決につなげていくことができること。

受講生専用ページの「学習に役立つリンク集」に、中央教育審議会答申「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について」(平成28年)のリンクが貼ってありますので確認しておきましょう。

9

次の文は、「幼稚園教育要領」(平成29年告示)第1章 第1「幼稚園教育の基本」の一部で ある。( A )・( B )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

教師は、幼児との信頼関係を十分に築き、幼児が( A )に主体的に関わり、環境との関わり方 や意味に気付き、これらを取り込もうとして、( B )したり、考えたりするようになる幼児期の教 育における見方・考え方を生かし、幼児と共によりよい教育環境を創造するように努めるものとする。

1A:身近な環境B:試行錯誤
2A:身近な環境B:表現
3A:身近な環境B:判断
4A:活動B:判断
5A:活動B:試行錯誤

正解 1
教師は、幼児との信頼関係を十分に築き、幼児が( A 身近な環境 )に主体的に関わり、環境との関わり方や意味に気付き、これらを取り込もうとして、( B 試行錯誤 )したり、考えたりするようになる幼児期の教育における見方・考え方を生かし、幼児と共によりよい教育環境を創造するように努めるものとする。

受講生専用ページの「学習に役立つリンク集」に幼稚園教育要領のリンクが貼ってありますので、第1章 第1「幼稚園教育の基本」を確認しておきましょう。

10

次のA~Cのうち、「特別支援教育の推進について(通知) 」 (平成19年 文部科学省)の一 部として、下線部分が正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選び なさい。

  • A 特別支援教育は、これまでの特殊教育の対象の障害だけでなく、知的な遅れのない発達障害も含めて、特別な支援を必要とする幼児児童生徒が在籍する全ての学校において実施されるものである。
  • B 特別支援教育は、障害のある幼児児童生徒への教育にとどまらず、障害の有無やその他の個々の 違いを認識しつつ様々な人々が生き生きと活躍できる共生社会の形成の基礎となるものであり、我が国の現在及び将来の社会にとって重要な意味を持っている。
  • C 特別な支援が必要と考えられる幼児児童生徒については、担任一人が責任をもって保護者の理解を得ることができるよう慎重に説明を行い、学校や家庭で必要な支援や配慮について、保護者と連 携して検討を進めること。
1
2×
3×
4××
5××

正解 2
A 〇 適切です。
B 〇 適切です。
C × 不適切です。「特別な支援が必要と考えられる幼児児童生徒については、特別支援教育コーディネーター等と検討を行った上で、保護者の理解を得ることができるよう慎重に説明を行い、学校や家庭で必要な支援や配慮について、保護者と連携して検討を進めること。」とあります。担任一人に責任を負わせることは適切ではありません。

  • 講座申し込み
  • 資料請求
  • 資料請求
  • 講座申し込み