0120-350-149
  • 資料請求
  • 無料説明会
  • 講座申込み
  • 資料請求
  • 無料説明会
  • 0120-350-149
  • 講座申込み

MENU CLOSE

平成30年 保育の心理学(後期) | 保育試験 過去問題 | 保育士試験の受験対策通信講座なら三幸保育カレッジ

平成30年度 保育試験 過去問題

「保育の心理学(後期)」

平成30年度 保育士試験問題(後期)

1

次の文は、子ども理解や発達観に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 保育における子ども理解は、子どもの発達観に大きく影響されており、発達過程論から発達段階論へと転換されてきている。
  • B レイヴとウェンガー(Lave, J.&Wenger, E.)の正統的周辺参加論(1991)に基づくと、保育者の関わりや保育者と子どもとの関係が問われている。
  • C 行動主義理論においては、保育者が行動を変容させる技法を用いて、適切な行動を形成すると考えられている。
  • D 成熟主義理論では、子どもの生得的能力が自然に展開するので、保育者はできる限り関わりを控えるべきであるとしている。
1
2××
3××
4××
5××××

問1 正解 3
A × 不適切です。発達過程論から発達段階論へと転換されているとは言えません。
B 〇 適切です。
C 〇 適切です。
D × 不適切です。テキストでは成熟優位説として説明しています。生まれてからの経験や環境よりも、生まれ持った性質(能力)がきちんと使えるようになる(=成熟する)ことが大事、という考え方です。成熟主義理論では、保育者はできるだけかかわりを控えるべきとはしていません。

2

次の文は、乳幼児期の言葉の発達に関する記述である。下線部分の心理学用語が正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

1×
2×
3×××
4××
5×××

問2 正解 4
A × 誤りです。設問はクーイングについての記述です。
B × 誤りです。設問は語彙爆発(ボキャブラリースパート)についての記述です。
C 〇 記述の通りです。
D 〇 記述の通りです。

3

次の【Ⅰ群】の記述と【Ⅱ群】の用語を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】

  • A 保育者と新生児や乳児の間には、生まれて間もない時期から同調的な相互作用がみられる。例えば、保育者が話しかけると、新生児はその話しかけに反応するように同期して自分の身体を動かす。
  • B 新生児や乳児は、生まれて間もない時期から、人の声や顔などに特に敏感に反応し、なかでも他者の感情には敏感に反応する。例えば、新生児でも、他児の泣き声を聞くとつられて泣き出すことがある。
  • C 新生児や乳児が大人の表情や動作と同様の反応を示す現象がある。例えば、向かい合って口を開けたり、舌を出したりする保育者の動きをじっと見ていた新生児が、しばらくすると、同じような動きをする。
  • D 保育者と乳児の間では、言葉を話し始める前から、コミュニケーションが成立している。例えば、生後9か月頃になると、保育者の視線を追い、保育者が見ているものに目を向けることができるようになる。

【Ⅱ群】

  • ア 情動伝染
  • イ 共同注意
  • ウ エントレインメント
  • エ 共鳴動作
A B C D
1ア イ ウ エ
2ア エ ウ イ
3イ ア エ ウ
4ウ ア イ エ
5ウ ア エ イ

問3 正解 5
A ウ 大人からの語りかけに対して、息継ぎやアクセント等の音声のパターンの変化に合わせるように肩を動かしたり、足を伸縮させるといった身体的変化を同調させることをエントレインメントといいます。
B ア 他の子どもの泣き声につられて泣く現象を情動伝染といいます。
C エ 大人の動作にあわせて同調的・共鳴的にそれを反復すること、意識し意図することなく模倣することを共鳴動作といいます。
D イ 他の人と同じように物体や人物に対して注意を向けている状態のことを共同注意といいます。

4

次の文は、乳幼児期の自己の発達に関する記述である。初期から発達の順に並べた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 大人が自分の意図したように行動しないと、かんしゃくを起こすことがみられるようになる。
  • B 一人ずつ順番に名前を呼ばれる場面では、自分の名前に対してのみ応える。
  • C 自分の手や足の指をしゃぶる感覚を経験することによって、身体的自己を発見する。
  • D 鏡に映った自分の姿を「自分である」と理解できるようになる。
1A→B→C→D
2B→A→D→C
3B→C→D→A
4C→A→B→D
5C→A→D→B

問4 正解 4
A × 不適切です。生後3か月頃になると、自分の不快な状態を解消してくれる存在として養育者を意識するようになるといわれています。そのため養育者を意識したぐずりのようなものも出てくるでしょう。1歳前後になるとよりはっきりと癇癪を起したと変わるようになります。
B × 不適切です。1歳半頃になると自分の名前に反応すると言われています。
C × 不適切です。生後3か月頃になるとハンドリガードと言って、赤ちゃんが自分自身の手の存在に気が付き、じっと手を見つめたり、口に入れたりして遊ぶようになり、そのうちに「自分の手」と認識してどんどん自由に動かせるようになっていきます。
D 〇 適切です。鏡の中の自分が自分だと理解するようになるのは1歳半から2歳頃と言われています。

5

次の文は、ピアジェ(Piaget, J.)の認知発達に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 物や現象の一部に注意が集中し、同時にいくつかの側面に注意を向けることが難しいことを脱中心化と呼んだ。
  • B 自己中心性とは、他者の視点に自分が立ったり、自分と他者の相互関係を捉えたりすることが難しいことを意味する。
  • C 特に幼児では自他未分化のため、自分の視点や経験にとらわれて、ものごとを判断してしまうと考えた。
  • D 幼児期には、遊びの活動に伴ってリズミカルに繰り返される独語(ひとり言)が多く発せられるが、それは思考機能をもつことを実証した。
1×
2×
3×
4××
5×××

問5 正解 4
A × 不適切です。設問は、自己中心性についての記述です。
B 〇 適切です。
C 〇 適切です。
D × 不適切です。ピアジェは「内言」ができてから「外言」ができる。つまり、思考ができるようになってから話し始めると考えており、ヴィゴツキーは「外言」から「内言へ」と移行していくという対立する形をとりました。

6

次の文は、「保育所保育指針」(厚生労働省告示第117号平成29年3月31日)第4章「子育て支援」の(1)「保護者との相互理解」の一部である。( A )〜( E )にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

・ ( A )を活用し子どもの日々の様子の( B )、保育所保育の( C )などを通じて、保護者との相互理解を図るよう努めること。
・ 保育の活動に対する( D )は、保護者の子育てを( E )に寄与することから、これを促 こと。

A B C D E
1イ ウ ア ケ キ
2イ ウ ク カ キ
3イ エ ア ケ コ
4オ ウ ク カ キ
5オ エ ア ケ コ

問6 正解 5
・ ( A オ 日常の保育に関連した様々な機会 )を活動し子どもの日々の様子の( B エ 伝達や収集 )、保育所保育の( C ア 意図の説明 )などを通じて、保護者との相互理解を図るよう努めること。
・ 保育の活動に対する( D ケ 保護者の積極的な参加 )は、保護者の子育てを( E コ 自ら実践する力の向上 )に寄与することから、これを促すこと。

「保育所保育指針」第4章「子育て支援」(1)「保護者との相互理解」参照。

7

次の文は、乳児期の微細運動の典型的な発達に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A ガラガラなどのおもちゃを両手に持たせると、持っていられるようになるのは3〜4か月頃、自発的におもちゃに手を伸ばすようになるのは4〜5か月頃である。
  • B 6〜7か月頃には、小さな物を5本の指を全部使って引き寄せてつかもうとし、8〜9か月頃には、親指と人差し指の2本だけでつまんで持ち上げることができるようになる。
  • C 6か月頃には、両手に持った物を一方の手に持ち替え、また両手で持って、次にはもう一方の手へという持ち替えを盛んに行う。
  • D 満1歳を過ぎると、ティッシュを繰り返し取り出したり、複数の積み木を寄せ集めたりすることがみられるようになる。
1
2××
3××
4×××
5××

問7 正解 5
A × 不適切です。生後4か月頃には、興味がある物に手を伸ばす、両手を手の甲側からグッと伸ばす、両手を伸ばして膝を触るといった動きが見られるようになります。生後5か月頃には、両手を同時に伸ばすようになります。
B × 不適合です。生後7か月には、ビー玉などを見つけると指を伸ばしてつついたり、人差し指と中指で挟んだりするようになります。生後9か月頃になると、親指と人差し指の腹でビー玉をつまんだりできます。
C 〇 適切です。生後6か月以降は、左右の手に持ったおもちゃを打ち合わせて音を鳴らしたり、紙をビリビリ破いたりするなど、左右の手を非対称に動かして物を操作することが増えていきます。
D 〇 適切です。

8

次の文は、乳児の泣きへの対応に関する記述である。( A )〜( D )にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の最も適切な組み合わせを一つ選びなさい。

乳児は泣くことで「不快」と訴えると、保育者が状況を「快」に変えるという繰り返しが( A )につながる。周囲の安全を全身で感じ保育者の温かい対応に喜び、次々と( B )を出そうとする。その( B )を確実に読み取り、適確に応えることが人と関わろうとする意欲を育むことになり、( C )と呼ばれる生涯の心の在り方の基本が根づくことになる。重要なことは、乳児の( B )に応えることが保育者の喜びともなることであり、それは快感情の共有であり、( D )の原型である。

A B C D
1ア ウ オ キ
2ア ウ オ ク
3ア エ カ ク
4イ ウ オ キ
5イ エ カ キ

問8 正解 2
乳児は泣くことで「不快」と訴えると、保育者が状況を「快」に変えるという繰り返しが( A ア 安心感 )につながる。周囲の安全を全身で感じ保育者の温かい対応に喜び、次々と( B ウ サイン )を出そうとする。その( B ウ サイン )を確実に読み取り、適確に答えることが人と関わろうとする意欲を育むことになり、( C オ 基本的信頼 )と呼ばれる生涯の心の在り方の基本が根づくことになる。
重要なことは、乳児の( B ウ サイン )に応えることが保育者の喜びともなることであり、それは快感情の共有であり、( D ク 会話 )の原型である。

9

次の文は、スクリプトについての記述である。( A )〜( D )の語句が正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

スクリプトとは、日常的なできごとに関する(A 知識構造)の一種であり、特定の行動について、そこに含まれる事象や行為が(B 時間的・空間的)に表現される。例えば「レストランでの食事」という場面における行為としては、店に入る、注文する、食事をする、支払いをする、店を出るというように(C 対比的)に生起する一連の典型的な場面と行為が考えられる。スクリプトでは、このような一連の行為が、登場人物や小道具類などと共に生起する順に(D 水路づけ)され、スロットを埋めるような形で表象されていると仮定される。

CD
1××
2×
3××
4×××
5×××

問9 正解 1
A 〇 記述の通りです。
B 〇 記述の通りです。
C × 誤りです。「店に入る~店を出る」といった一連の流れは対比的(2つのものを比べることでその違いがはっきりするさま。)ではありません。
D × 誤りです。水路づけとは、ある種の行動パターンが狭い範囲に限定されていく過程をいいますので、スクリプトとは異なります。

10

次の文は、子育てへの文化の影響に関する記述である。( A )〜( F )にあてはまる語句の最も適切な組み合わせを一つ選びなさい。

日本の子育ては親子の( A )を重視し、役割からなる社会の枠組を素直に受け入れることができるようになることを強調する。そして( B )を子どもが自然と身につけることを理想とし、子どもに( C )を促し、それに基づいて努力することを重視する。
これに対して、例えばアメリカの中産階級の子育ては子どもの( D )を重視し、社会の枠組にしばられず、個人の思考に基づいて( E )を強調する。そして、( B )を子どもに明確に教えることや子どもの( F )を高めることを重視する、といった文化による違いがみられる。

1A 情緒的関係B 社会的規範C 選択することD 独立的思考E 反省すること
2A 独立的思考B 社会的規範C 情緒的関係D 反省することE 選択すること
3A 自尊心B 情緒的関係C 反省することD 独立的思考E 選択すること
4A 情緒的関係B 反省することC 選択することD 自尊心E 独立的思考
5A 情緒的関係B 社会的規範C 反省することD 独立的思考E 選択すること

問10 正解 5
日本の子育ては親子の( A 情緒的関係 )を重視し、役割からなる社会の枠組を素直に受け入れることができるようになることを強調する。そして( B 社会的規範 )を子どもが自然と身につけることを理想とし、子どもに( C 反省すること )を促し、それに基づいて努力することを重視する。
これに対して、例えばアメリカの中産階級の子育ては子どもの( D 独立的思考 )を重視し、社会の枠組にしばられず、個人の思考に基づいて( E 選択すること )を強調する。そして、( B 社会的規範 )を子どもに明確に教えることや子どもの( F 自尊心 )を高めることを重視する、といった文化による違いがみられる。

11

次の文は、ある発達理論に関する記述である。( A )〜( E )にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の最も適切な組み合わせを一つ選びなさい。

教育と心的機能の発達の相互作用に関する理論の中で、( A )は、2つの発達水準を区別することができると提唱した。すなわち、問題解決の場面で子どもが自力で解決できる既に( B )水準と、大人の援助や指導によって解決が可能となる( C )水準である。この2つの発達水準の差の範囲を( D )と呼んだ。( E )はこの範囲に対してなされなければ子どもの発達に貢献できないし、また、教育は( D )をつくりだすように配慮しなければならない。

A B C D E
1ア ウ エ カ オ
2ア ウ エ ク オ
3イ ウ エ カ オ
4イ エ ウ カ キ
5イ エ ウ ク キ

問11 正解 4
教育と心的機能の発達の相互作用に関する理論の中で、( A イ ヴィゴツキー(Vygotsky,L.S.))は、2つの発達水準を区別することができると提唱した。すなわち、問題解決の場面で子どもが自力で解決できる既に( B エ 完成した )水準と、大人の援助や指導によって解決が可能となる( C ウ 成熟しつつある )水準である。この2つの発達水準の差の範囲を( D カ 発達の最近接領域 )と呼んだ。( E キ 教育的働きかけ )はこの範囲に対してなされなければ子どもの発達に貢献できないし、また教育は( D カ 発達の最近接領域 )をつくりだすように配慮しなければならない。

12

次の文は、知能に関する理論の記述である。この理論を提唱した人物として正しいものを一つ選びなさい。

人の知能として、すべての活動に共通する知能というものは想定せず、少なくとも8つの異なる知能が存在すると考えている。これらの8つの知能は独立してはいるものの、例えば作文を書くことは言語的知能が関わる活動であると同時に、読み手や書き手により書き方を調整するといった個人間知能や、何を伝えたいかを明確にする個人内知能とも関係する。

1バルテス(Baltes, P.B.)
2サメロフ(Sameroff, A.J.)
3ガードナー(Gardner, H.)
4ロッター(Rotter, J.B.)
5モレノ(Moreno, J.L.)

問12 正解 3
1 × 誤りです。バルテスは生涯発達心理学を提唱しました。
2 × 誤りです。サメロフは相互作用説を提唱しました。
3 〇 適切です。8つの異なる知能を想定した多重知能を提唱したのは、ガードナーです。
4 × 誤りです。ロッタ―とワイナー(Weiner, B.)は原因帰属理論を提唱しました
5 × 誤りです。モレノはサイコドラマ(心理劇)、ソシオメトリーを提唱しました。グループセラピーの開拓者の一人でもあります。

13

次の文は、中年期の特徴に関する記述である。(a)〜(d)の下線部分が正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

abcd
1
2××
3××
4××
5×××

問13 正解 4
a × 不適切です。1980年代以前から中年期に大きな変化が生じるという見方は受け入れられていました。
b 〇 適切です。
c 〇 適切です。
d × 不適切です。同居20年以上の別居の割合が急増しているわけではありません。

14

次の基本的生活習慣の形成に関する【Ⅰ群】の記述と【Ⅱ群】の用語を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】

  • A 偶然にジャンパーのチャックを閉めることができた時を捉えて、保育者が「すごーい。できたね」とほめることを繰り返すと、じきに自分でジャンパーのチャックを閉めることができるようになった。
  • B 「靴下をはく」という行動を、足が入るように靴下を広げる、つま先を靴下の中に入れる、靴下をかかとまで引っ張る、靴下をかかとから上まで引き上げる、という動作に分ける。
  • C 立ったまま、ズボンをはこうとして、ズボンの片方に足を2本入れた。もう一度試したら前後逆になった。今度は床に座ってはいたら足が1本ずつ入り、はけた。
  • D トレーナーの後ろ前が分からないので、着る時には保育者が、そのまま頭と手を入れたら着られるような向きにトレーナーを床に置くことを繰り返すと、じきにトレーナーの前後が分かり、一人で着ることができるようになった。

【Ⅱ群】

  • ア 足場づくり
  • イ 強化
  • ウ 試行錯誤
  • エ 課題分析
A B C D
1ア イ ウ エ
2ア ウ エ イ
3イ ア ウ エ
4イ エ ア ウ
5イ エ ウ ア

問14 正解 5
A イ 保育者が褒めることにより、その行動が「強化」されています。
B エ 靴下をはくという一連の行為をいくつもの動作(課題)に分けているのは「課題分析」です。
C ウ 新しい物事を、いろいろ試して失敗しつつ完成に近づけていくのは「試行錯誤」です。
D ア 大人が子どもの発達に合わせ、子どもが主体的に問題を解決できるように大人が行う援助は「足場づくり」です。

15

次の文は、保育におけるグループ編成についての記述である。( A )〜( D )にあてはまる語句の最も適切な組み合わせを一つ選びなさい。

・ 保育士は( A )に応じて、比較的少人数から大きい規模の編成まで、様々な大きさのグループを編成する。
・ 幼児の主体的な活動である遊びは、他児との関わりの中で深まり、豊かになる。そのため保育士には、( B )を生かしたグループを編成しながら、人と関わる力を育てていくようにすることが求められている。
・ ( C )に応じたグループ活動のように保育士の裁量によってグループを編成することもある。例えば、劇や表現遊びのような活動では、技能や力、パーソナリティなどを考慮して編成する。
・ 発達には個人差があるので、グループ内で様々な圧力や緊張が生じ、時には特定の子どもを排除しようとする動きが生ずることがある。こうした( D )を配慮したグループの編成を、保育士は求められることもある。

1A 年齢・月齢B カリキュラムC グループダイナミクスD 一人一人
2A グループダイナミクスB 年齢・月齢C 一人一人D カリキュラム
3A 年齢・月齢B 一人一人C カリキュラムD グループダイナミクス
4A カリキュラムB 一人一人C グループダイナミクスD 年齢・月齢
5A カリキュラムB グループダイナミクスC 一人一人D 年齢・月齢

問15 正解 3
・ 保育士は( A 年齢・月齢 )に応じて、比較的少人数から大きい規模の編成まで、様々な大きさのグループを編成する。
・ 幼児の主体的な活動である遊びは、他児との関わりの中で深まり、豊かになる。そのため保育士には、( B 一人一人 )を生かしたグループを編成しながら、人と関わる力を育てていくようにすることが求められている。
・ ( C カリキュラム )に応じたグループ活動のように保育士の裁量によってグループを編成することもある。例えば、劇や表現遊びのような活動では、技能や力、パーソナリティーなどを考慮して編成する。
・ 発達には個人差があるので、グループ内で様々な圧力や緊張が生じ、時には特定の子どもを排除しようとする動きが生ずることがある。こうした( D グループダイナミクス )を配慮したグループの編成を、保育士は求められることもある。

16

次の2歳児の【事例】を読んで、以下の【設問】に答えなさい。

【事例】
Gちゃん(男児)の「ダメだよー!」の声が響き、保育士が行ってみると「Hちゃん(男児)が取っちゃったよー」と保育士に訴える。ブロックの中でも縦に長い形のものが人気で、よく取り合いになっている。「せんせい、Hちゃんは貸してっていわなかったよ!」とGちゃんは言う。Hちゃんはまずいなーという困った表情でいる。保育士が「Gちゃん、Hちゃんはね、これがとっても欲しかったけれど、貸してって言えなかったみたいなの。ごめんね。でも、これ、違う色ならもう一つあるから、Hちゃんに貸してくれる?」と聞くと、「いいよー!」とGちゃんは快く承諾した。そしてHちゃんはニコニコ顔になった。「Gちゃんが貸してくれるって。優しいね。こういうときHちゃんは何て言うのかなあ?」と聞くと、Hちゃんは「ありがとう!」と元気な声で叫んだ。

【設問】
次の文のうち、適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 相手が自分と同じように「思いをもつ」存在であることに気づくように援助する。
B 2歳児なりに相手に歩みよることも必要であることを経験する。
C 子ども同士のトラブルは仲間関係の形成に望ましくないため、避ける配慮が必要である。
D 2歳児の表現を、保育士は補い代弁し、「仲立ち」する必要がある。
E 2歳児なりに自分の欲求をあくまで自分で解決しなくてはいけないことを経験する。

1
2××
3×××
4×××
5×××

問16 正解 2
A 〇 適切です。
B 〇 適切です。
C × 不適切です。子ども同士のトラブルも子どもにとっては経験の1つなので、避けるべきものとは言えません。
D 〇 適切です。
E × 不適切です。2歳児では、まだ保育者が仲介役として関わることが求められます。

17

次の文は、ペアレントトレーニングに関する記述である。( A )〜( C )にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

ペアレントトレーニングとは、応用行動分析学や( A )の考え方を基礎にして、養育者が( B )に関するより適切なスキルを獲得するためのプログラムである。( C )やモデリングやホームワークといった積極的なワークから構成される。

A B C
1ア イ カ
2ア ウ オ
3イ ウ カ
4イ エ カ
5ウ エ オ

問17 正解 3
ペアレントトレーニングとは、応用行動分析学や( A イ 行動療法 )の考え方を基礎にして、養育者が( B ウ 子育て )に関するより適切なスキルを獲得するためのプログラムである。( C カ ロールプレイ )やモデリングやホームワークといった積極的なワークから構成される。

18

次の文は、子どもの成長に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A ヒトの脳の発達は、可塑性(変化できる力)が強いため、認知・言語、社会・情緒的発達には、感受期(脳の発達に対して経験の影響が特に強い時期)は存在しない。
  • B 環境的要因が種々のパーソナリティ要素の形成に影響を与える強さは、遺伝的要因より圧倒的に強い。
  • C 月齢5か月の子どもが、見知らぬ人の関わりに笑顔で応えた場合、無差別的愛着と推測され、愛着形成の問題を懸念する必要がある。
  • D 子どもが幼児期までに聞いている言葉の数の総数は、環境によって大きな差が生じるが、この差は9、10歳での読字理解や言語テストの結果に影響を与える。
1
2×
3××
4××
5×××

問18 正解 5
A × 不適切です。発達には重要な時期となる感受期が存在します。
B × 不適切です。発達には遺伝的要因と環境的要因の両方が関係しており、環境的要因の方が遺伝的要因よりも圧倒的に強いとは言えません。
C × 不適切です。一般的に人見知りは生後6~7か月頃に始まるケースが特に多いです。
D 〇 適切です。

19

次のA〜Dのうち、乳幼児期における愛着の形成が影響を与える社会・情緒的発達の領域として適切なものを○、不適切なものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 自己概念
  • B 友達関係
  • C 感情の理解の能力
  • D 感情の調節能力
1
2×
3××
4×××
5×××

問19 正解 1
A 〇 適切です。
B 〇 適切です。
C 〇 適切です。
D 〇 適切です。

20

保育士が保育所嘱託の児童精神科医に対して、担当児についてのコンサルテーションを行う際に必要な情報として適切なものを○、不適切なものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • A 年齢・性別
  • B 家族構成
  • C 気になる行動
  • D 保育所でのアセスメント

1
2××
3×
4××
5××××

問20 正解 1
A 〇 適切です。
B 〇 適切です。
C 〇 適切です。
D 〇 適切です。

  • 講座申し込み
  • 資料請求
  • 資料請求
  • 講座申し込み